宇随天元の引退後
出典:pixiv@SAL

鬼滅の刃『遊郭編』で中心人物となる宇髄天元
音柱として強さがあり、さらに容姿も高身長のイケメンということで、かなり女性人気があります。

そんな宇髄天元ですが、遊郭編での戦いを最後に引退してしまうんです。
なぜ、強くて自信に満ち溢れた彼が引退してしまったのでしょうか。

今回は、宇髄天元の引退をした理由、そして引退後は何をしているのかについて、詳しく解説していきます。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】宇髄天元の最後の戦い

『遊郭編』で初めてスポットを当てられた宇髄天元でしたが、戦闘シーンを見れたのは『遊郭編』が最初で最後でした。
宇髄天元ファンの間では、『遊郭編』は欠かせない物語になっています。

では、どういった経緯で引退を決意したのか、順を追って説明したいと思います。

※まだアニメでは放送されていない内容がありますので、原作を読んでいない方はご注意ください。

上弦の陸『堕姫・妓夫太郎』との戦い

宇髄天元最後の戦いのあらすじを簡単に紹介します。

遊郭に鬼が潜んでいるという情報をもとに、宇髄天元は事実を調査するため、嫁3人を花魁として潜入。
しかし、嫁3人からの音信が不通になってしまったのです。

そこで、炭治郎、伊之助、善逸を招集し、ともに鬼の調査を開始します。

調査の結果、蕨姫という花魁が上弦の陸『堕姫』であることを突き止め、戦闘開始。
宇髄天元が圧倒的な実力を発揮し、すぐに倒すことに成功したのですが、首を切っても死ななかったのです。

実は、上弦の陸は2人(堕姫と妓夫太郎)いて、倒すには2人の首を同時に切り落とす必要がありました。

死闘の末、宇髄天元と炭治郎が協力して妓夫太郎の首を、伊之助と善逸が協力して堕姫の首を切り落とすことに成功。
かなりの負傷はしたものの、誰も死なずに上弦の鬼に勝つことができました。

これが、宇髄天元最後の戦いになります。


宇髄天元が音柱を引退する決意をしたのは何話?

上弦の陸『堕姫・妓夫太郎』との戦いを最後に、音柱を引退した宇髄天元。
では、どの場面で引退を決意したのでしょうか?

引退を決意したシーンが見れるのは、11巻第97話


おすすめの記事