スポンサーリンク

その時のセリフがこちらです。

「俺は引退する さすがにもう戦えねぇよ
お館様も許してくださるだろう」

これを聞いた蛇柱の伊黒小芭内は、そのことに反対して止めようとしましたが、引退するという選択は変わりませんでした。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】宇髄天元が音柱を引退した理由

引退すると知った時は、読者もかなり驚いたのではないでしょうか。
あんなに強くて派手だった男が、『遊郭編』だけで引退してしまったんですから。

引退の理由は大きく分けて3つあります。
3つそれぞれ解説していきますね。

①左手(腕)と左目を失った

宇髄天元の最後の敵となった上弦の陸『妓夫太郎』との戦いで、重傷を負ってしまったことが1つの原因です。

戦闘中、左腕は切断され、左目は失明してしまったのです。
2刀流の宇髄天元にとって、腕を失うということはかなり大きいですから、引退への影響もかなりあったのではないでしょうか。

一部の間では、「鬼の力によって治るんじゃない」という声も多々ありましたが、結局最終回まで治っている様子はありませんでした。

②若い隊士の成長を感じた

「自分より若くて強い隊士がいるから、自分がいなくても安心」という考えになったことが、2つ目の引退理由になります。

『遊郭編』では、炭治郎、伊之助、善逸、禰豆子の協力があり、上弦の陸『堕姫・妓夫太郎』に勝つことができました。

特に、炭治郎と禰豆子には助けてもらった場面もあり、若い隊士が成長していることを実感したと宇髄天元自身も言っています。

禰豆子には、妓夫太郎の毒が全身に回って死ぬ寸前だったところ、血鬼術で毒を燃やしてなんとか助けてもらい、最後に妓夫太郎の首を切り落としたのは炭治郎でした。

③嫁からの言葉

最後3つ目の引退理由は、嫁3人と交わした約束です。

宇髄天元と嫁3人は過去に、ある約束をしていたのです。

「上弦の鬼を倒したら一線を退いて 普通の人間として生きていきましょう」
これは雛鶴の言葉ですが、他の嫁2人も同じ考えだったと考えられます。

過去は忍として、その後は柱として、常に死と隣り合わせだった生活に嫁3人は怖かったのではないでしょうか。

どれだけ4人が普通の生活をしたかったのか、引退後の楽しげなシーンから伺うことができます。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】音柱引退後の宇髄天元

音柱を引退してから、宇髄天元はどうなってしまったのか?

ここでは、引退後の生活や容姿を詳しく解説してから、最後に引退後の宇髄天元のイラストを紹介します。

宇髄天元は音柱引退後に何をしている?

宇髄天元は音柱引退後、鬼との戦いからは一線を引いています。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事