【ワンピース】エドワード・ウィーブルの正体や強さを徹底考察!実はイケメン?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

まだまだ多くの謎に包まれている人気漫画「ワンピース」。当記事では、初登場時に注目を浴び、未だに多くの謎に包まれている「エドワード・ウィーブル」について、その正体や強さについて徹底解説していきます。

エドワード・ウィーブルとは何者?

まずは、現在判明しているエドワード・ウィーブルの情報についておさらいしていきましょう。

エドワード・ウィーブルのプロフィール

エドワード・ウィーブル
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

本名エドワード・ウィーブル
自称白ひげJr
年齢35歳
身長680cm
懸賞金4億8000万ベリー(王下七武海加入前)
出身地偉大なる航路
誕生日12月10日
血液型S型(現実世界におけるO型)
武器薙刀
覇気見聞色、武装色

エドワード・ウィーブルは元王下七武海の一人

エドワード・ウィーブル
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

エドワード・ウィーブルは、元王下七武海の一人で、頂上戦争後に加入したとされています。

白ひげ「エドワード・ニューゲート」を彷彿とさせる白く三日月形の髭があり、かなりの巨漢、身体の一部にツギハギの様な傷跡を持っているのが特徴的な人物です。

一人称は「おで」で、母親「ミス・バッキン」のことを「母ーたん」と呼び、滑舌が悪くハ行の発音ができず、代わりにサ行の発音で話しています。

年齢と見た目に比べてかなり幼い印象を受けますね。

エドワード・ウィーブルの懸賞金はいくら?

エドワード・ウィーブルは、王下七武海加入の時点で、懸賞金が4億8000万ベリーと判明しています。

しかし、これはあくまで王下七武海に加入する前の時点での懸賞金であり、現在はさらに懸賞金が上がっていると考察することができます。

元王下七武海のメンバーは、王下七武海解体後、懸賞金がかなり上がっている傾向にあり、例えば海賊女帝「ボア・ハンコック」であれば、加入前の懸賞金が8000万ベリーであったところ、解体後16億5900万ベリーに跳ね上がっています。

このことを踏まえると、エドワード・ウィーブルも現在は10億越えの懸賞金がかけられてる可能性が非常に高いと考えられるでしょう。

エドワード・ウィーブルは白ひげの息子?

続いて、エドワード・ウィーブルが白ひげの息子なのかどうかについて考察していきます。

エドワード・ウィーブルは80巻802話で初登場

エドワード・ウィーブルは、単行本80巻802話「ゾウ」にて初登場しました。

この時ワンピースの世界では、ドレスローザ編が終わりを迎え、麦わらの一味一向はドレスローザを出た後の話でした。

シーンは海軍本部に移り、海軍大将「黄猿」が白ひげ傘下の海賊団が次々と壊滅に追い込まれていると語っています。

その傘下の海賊を壊滅させて回っている人物こそエドワード・ウィーブルでした。

当時、王下七武海は"例の男"が入ったとしか紹介されておらず、この例の男がエドワード・ウィーブルと分かった瞬間でもありました。

エドワード・ウィーブルは「白ひげジュニア」を自称している

エドワード・ウィーブル
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

エドワード・ウィーブルは同行している母「ミス・バッキン」からの吹き込みで、自身が白ひげ「エドワード・ニューゲート」の実の息子であると信じています。

それゆえ、「白ひげジュニア」を自称しているのです。

ウィーブルは、白ひげを心の底から慕っており、白ひげを殺害した黒ひげ「マーシャル・D・ティーチ」への復讐を望んでいます。

ウィーブルが白ひげの実の息子かどうかに関して、真偽は未だ定かではありませんが、白ひげに対する情は確かなものです。

エドワード・ウィーブルの母親のミス・バッキンは何者?

ミスバッキン
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

エドワード・ウィーブルの母親「ミス・バッキン」は、「白ひげの愛人」を自称している人物で、ウィーブルと行動を共にしています。

ミス・バッキンの本名は「バッキンガム・ステューシー」であり、物語1073話にて、白ひげが元々所属していた「ロックス海賊団」で自称科学者として船に乗っていたことが明らかになりました。

元白ひげ海賊団1番隊隊長「マルコ」も、30〜40年近く前に白ひげと同じ船に乗っていたと言っていたので間違い無いでしょう。

ミス・バッキンが実際に白ひげの愛人であった可能性は十分にあり得ますね。

おすすめの記事