【文スト】谷崎潤一郎を徹底解説!異能力や死亡説、妹ナオミとは血が繋がっていない?
出典:「文豪ストレイドッグス」公式サイト

谷崎潤一郎は、濃いキャラクターばかりが集まる文豪ストレイドッグスの世界の中でも、比較的常識人に該当するキャラクターです。

そのため、物語においては損な役割を担うこともしばしばありますが、ここぞと言うときはとても頼りになる一面もあります。

今回はそんな谷崎の魅力と、彼にいつもくっついている妹のナオミについて解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】谷崎潤一郎とは?


谷崎潤一郎のプロフィール

 

 

  • 年齢:18歳
  • 誕生日:7月24日
  • 身長:174cm
  • 体重:59㎏
  • 血液型:A型
  • 好きなもの:鱧、中華料理、猫
  • 嫌いなもの:地震

谷崎潤一郎は、茶髪で目が垂れ目気味の若者で、袖の長いシャツを着ており、全体的に見ると、敦より垢抜けた雰囲気の青年に見えます。

探偵として行動する際は、普段腰に巻き付けているフード付きの赤いパーカーを身にまとって、現場検証や潜入などを行っています。

妹に探偵社で事務員をしているナオミがおり、本作のキャラクターにしては珍しく兄妹が判明しているキャラクターです。


谷崎潤一郎の性格

 

 

敦と同様に、気が弱くお人好しであるため貧乏くじを引くことが多く、敵に捉えられたり、負傷したりすることもあるキャラクターです。

その一方で、意外と胆力があり、敵に捉えられたり傷つけられたりしても異能を使って巧みに応戦したり、敦の戦いをサポートしたりします。

妹のナオミには頭があがらない一方、彼女を大事にしているため、ナオミに危険が及ぶと取り乱し、普段の彼からは信じられないほど激高します。

料理が得意で、ナオミにハヤシライスをふるまっている場面もあります。

谷崎潤一郎の過去

第一巻によると、谷崎は探偵社に勤める前は学生であったようで、第六巻に収録されている二十四話の扉絵には、学生服姿の谷崎が描かれています。

谷崎とナオミは、太宰が入社した後くらいの時期に入社したと思われ、敦が来る少し前か、一年前くらいではないかと思われます。

谷崎は入社試験のことを思い出したくないようで、よほどきついものであったようです。

この二人が探偵社に入社するきっかけはまだ判明していませんが、福沢は異能を持っている人間をスカウトすることがあるらしく、東北まで出向いて宮沢賢治を社員としたことがあります。

このことから、谷崎も社長からスカウトされたか、何かのきっかけで福沢が谷崎兄妹と出会って、探偵社の社員としたのではないかと思われます。


演じている声優は?

谷崎潤一郎を演じているのは、豊永利行です。

少年時代からミュージカルに出演し子役俳優として活躍しており、1997年に放映された映画「学校の怪談3」等にも出演したことがあります。

その後は、アニメやナレーションに舞台など多岐にわたる活躍をされています。

2018年には、第12回声優アワード主演男優賞を受賞しました。

本作以外では「魔法少女 俺」で御翔桃拾の役、「ブッチギレ!」では藤堂平助役、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」でポップの役を演じています。

【文豪ストレイドッグス】谷崎潤一郎と妹のナオミ

ナオミとは?

 

 

ナオミは谷崎の妹で探偵社の事務員をしています。

つややかな長い黒髪で、切れ長の目には涙ぼくろがあります。常にセーラー服姿であり、入社前は兄同様、学生であったようです。

文ストの外伝である「探偵社設立秘話」によると、ナオミはまだ現役の学生であることを示唆するような箇所がありますが、本編では基本的にいつも会社で働いているので、敦が入社したあたりで学校をやめている可能性もあります(昭和の時代には学生服を着て働いている新入社員がいました)。

利発で頭の回転が早く、異能があったら兄より優秀な探偵になれると言われたことがあります。


実は義理の妹なのか?ナオミの正体とは?

 

 

ナオミはしっかり者であるため、兄の谷崎を尻に敷いていますが、二人の仲はとても良く一歩間違えると若い夫婦か恋人のようにさえ思えます。


おすすめの記事