両親がともに亡くなってしまったのです。
まだ幼い子供にとって、両親がいなくなってしまうことは普通であれば、悲しいことだと思います。

しかし、童磨にとって両親の死はそんな重要なことではありませんでした。
なんと、両親の死に対して、悲しいなどの感情は全くなく、涙を流すこともなかったのです。

ただ、部屋が汚れてしまったことを気にしていて、「血の匂いが気になるから換気してほしい」とだけ思うほど、童磨は幼い頃から感情がなかったのでした。
何に対しても無関心。

常に笑顔にしていたその裏には、冷酷な心があったのです。

【鬼滅の刃】童磨が鬼になった理由とは?


 

童磨は20歳の時、鬼舞辻無惨に鬼にしてもらうのですが、なぜ鬼になったのでしょうか。
それは、童磨が人間時代から持っていた思想が関係しているのですが、その思想がこちら。

童磨
「気の毒な人たちを幸せにしてあげたい」

幼い頃からこれが自分の使命だと思っていた童磨は、鬼になればより使命を果たせると思ったのです。
そして、鬼になった童磨はこんな思想に発展したのでした。

童磨
「愚かな行為をする人間を喰べることで解放し
自らの一部にすることで永遠の存在にして救済する」

人を幸せにするためには、人を殺すことだと信じていた童磨。
人間時代からの感情のなさが、童磨をこんな思想にしてしまったのです。

【鬼滅の刃】鬼になった童磨のその後

鬼の中では珍しく、鬼になっても人間の時の容姿と性格をしていて、人間時代の記憶も残っていた童磨。
そんな童磨は、鬼になってどんなことをしてきたのか、その経歴を紹介していきます。

伊之助の母・琴葉を喰べた

 

18巻の第160話「重なる面影・蘇る記憶」

炭治郎の同期であり、普段は猪の被り物を被っている伊之助
その伊之助の母である琴葉は、伊之助がまだ赤ちゃんの時に亡くなっていました。

実は、琴葉を殺した張本人が童磨だったのです。

琴葉は、夫から毎日暴力をふるわれ、姑からもいじめられていました。
家にいることがつらくなった琴葉は家出して、万世極楽教に逃げ込みます。

それが、童磨との出会い。

童磨は鬼になってはいたものの、人間の容姿をしていたため、まだ万世極楽教の教祖を続けていて、そこで万世極楽教の女性信者を自分の食事にしていました。
しかし、容姿端麗で性格も良く、歌も上手かった琴葉を気に入り、自分が死ぬまで殺さずに一緒に暮らしていこうと思っていた童磨。

そんなことなど何も知らない琴葉は、童磨と楽しい日々を過ごしていきます。

が、ある日、童磨が女性信者を喰べているところを目撃してしまった琴葉は、すぐに赤ちゃんの伊之助を連れて逃げ出します。
しかし、童磨に追いつかれて殺されると思った琴葉は、伊之助だけは助けるために崖から落としたのです。

そして、琴葉は童磨に喰べられてしまうのでした。


妓夫太郎と堕姫を鬼にした

11巻の第96話「何度生まれ変わっても(前編)」


おすすめの記事