【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)の過去から正体が判明!緑壱との秘められた過去とは?
出典:pixiv@ygks

黒死牟の過去って、なかなか衝撃的なんですよね。
まだ単行本を読んでない方はわからないと思いますが、初めて黒死牟の正体を知った時はもうかなりの驚きでした。

「まさかあの人物と繋がっていたなんて!」

これを知った時はもう点と点が繋がって、線になりましたよ。それくらい重要な内容になります。

今回は、黒死牟の人間時代の過去、そしてなぜ鬼になり、どういう経験をしてきたのかを説明していきます。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の正体は『継国巖勝』


 

物語終盤まで謎おおき鬼だった上弦の壱・黒死牟。
その正体が、19巻の第165話「愕然と戦慄く」で明らかになりました。

黒死牟の人間時代の名は、「継国巖勝(つぎくにみちかつ)」
なんと双子の弟が、始まりの呼吸である「日の呼吸」を生み出した継国縁壱(つぎくによりいち)だったのです。

鬼舞辻無惨を除いた鬼の中のトップと、鬼を倒すために呼吸を生み出した鬼殺隊の祖は、実は双子の兄弟だったということです。

【鬼滅の刃】黒死牟の衝撃の過去

ここでは、黒死牟が生まれてからどういう経験をしてきて現在に至るのかを詳しく見ていきましょう。

黒死牟の恵まれた幼少時代

 

巖勝は、侍の家系の長男として生まれ、跡取りとなるよう育てられていました。

一方、双子の弟・縁壱は生まれながらにしてがあり、父から不気味に思われ、殺されそうになっていたのです。
しかし、母が10歳になったら出家することを条件に、なんとか生きることを許されます。

2人の環境は、大きく異なっていました。
巖勝は才能があったこともあり、家を継ぐために大切に育てられたのに対し、縁壱は母親のそばを離れることができず、7歳になるまで喋ることもしませんでした。


弟・継国縁壱への嫉妬

 

ある日から、縁壱は巖勝の稽古場に現れるようになります。
そこで、父の部下が縁壱にも竹刀をもたせ、軽く教えると、縁壱は目にも止まらぬ速さで相手を失神させたのです。

縁壱は剣士としての能力が優れていました
それからは、巖勝は自分より下だと思っていた弟の強さに嫉妬するようになります。


おすすめの記事