『鬼滅の刃』の鬼舞辻無惨の生い立ちって知ってますか?

作中では述べられているのですが、ほんの少しだけなので、詳しく覚えている方は少ないのではないでしょうか。
他の鬼や鬼殺隊士たちの過去もたくさん出てきているので、ごっちゃになったりもしますよね。

多くの鬼の回想シーンがありますが、鬼舞辻無惨の過去ってかなり特殊なんですよね。
他の鬼とは全然違う、興味深い過去を経験しているんですよ。

今回はその過去について、鬼舞辻無惨が人間の時の生い立ち、そして鬼になった理由を解説していきます。
一度漫画を読んでいる方も忘れていることもあると思いますので、ぜひご覧ください。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の過去の悲しい生い立ち


まず、鬼舞辻無惨の過去から見ていきましょう。
かなり悲しい過去なので、心の準備を。

①病弱な体で生まれる

15巻の第127話「勝利の鳴動」

鬼舞辻無惨は、平安時代の貴族の家に生まれます。
いわゆる「ぼっちゃま」ですね。

裕福な家庭に生まれ、さぞ楽しい生活をしていたのだろうと思うかもしれませんが、そんなことはありませんでした。
何故かというと、鬼舞辻無惨は生まれつき病弱だったのです。

自由に遊ぶこともできずに、ただただ寝たきりの生活。
母親のお腹の中にいた時から何度も心臓が止まりかけていたらしく、生まれた時は脈もなく、息もしていなかったため、死産だと思われていたそうです。

火葬されそうになったところで、産声を上げてなんとか生き延びたのが鬼舞辻無惨。
あと数分数秒遅れていたら、焼かれていたんですよ。

鬼舞辻無惨は人間時代、かなり特殊な経験をしていたと言えます。


②お館様『産屋敷耀哉』と同じ一族

16巻の第137話「不滅」

鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉の屋敷を襲撃した鬼舞辻無惨。
産屋敷との会話の中である事実が語られます。

それが、鬼舞辻無惨は人間時代、産屋敷と同じ一族だったということです。
鬼のボスである鬼舞辻無惨と、鬼狩りのボスである産屋敷には、昔から因縁があったのです。

鬼舞辻無惨は人間の時、病弱だったのですが、産屋敷も同じく病弱で長くは生きられない命でした。

これには理由があり、一族から鬼(鬼舞辻無惨)を出してしまったことで生まれた『呪い』だったのです。
産屋敷家では、代々言い伝えがありました。

産屋敷の先祖
「同じ血筋から鬼が出ている
その者を倒すために心血を注ぎなさい
そうすれば一族は絶えない」

こういった経緯から、鬼殺隊が生まれたのです。

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨が鬼になった理由は『医療ミス』


おすすめの記事