【ワンピース】SSG(科学特殊班)とはどんな組織?メンバー紹介から目的も考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

名称しか明かされておらず、謎に包まれたSSGとは一体どんな組織なのでしょうか。

SSGが開発したとされる新型兵器“セラフィム”も登場し、SSGの活躍はますます増えていくでしょう。

今回はそんなSSGについて、徹底的に解説・考察していきます!

SSGとは

まずは SSGについて基本的な情報をみていきましょう。

海軍特殊科学班のこと

SSGとは海軍特殊科学班のことで、正式名称は「Special Science Group」です。

その名の通り科学分野の組織で、海軍にとっても戦力となるものを開発することがメインの仕事だと思われます。

SSGの名前が登場したシーン

SSGブランニュー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

SSGの名前が登場したのは「第957話 “ULTIMATE”」です。

赤犬と電伝虫で会話していた藤虎の口から1回、海兵の会議で大物海賊たちについて解説していたブランニューの口から1回、SSGの名前が登場しました。

SSGのメンバー考察

次は、 SSGのメンバーを考察していきましょう。

正確なメンバーは明かされていない

SSGはまだまだ謎が多い組織です。

メンバーについても、ベガパンクが所属しているであろうことはほぼ確定ではありますが、明確にメンバーが明かされている訳ではありません。

ベガパンク

Dr.ベガパンク
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ベガパンクは、ほぼ確実にSSGに所属していると思われます。

1063話でルフィとチョッパーが自動着せ替え機のようなものを利用して衣装チェンジしていたのですが、その2人の衣装にはSSGという文字が書かれていました。

自動着せ替え機もベガパンクの発明品だと思われるため、ベガパンクはSSGに所属していると思われます。

ベガパンクについてはこちらの記事でも詳しく解説・考察しています。

ぜひチェックしてみてください!

シーザー・クラウン

シーザー・クラウン
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

シーザー・クラウンは過去にSSGに所属していたのではないかと言われています。

シーザーは元政府の科学者であると判明しており、Dr.ベガパンクの元同僚であるとも判明しています。

ベガパンクと共に所属していたその組織こそ、SSGなのではないかと考えられているのです。

おすすめの記事