【ワンピース】太陽の神ニカとは?正体やジョイボーイ、Dの一族との関係も考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ワンピースにおいて盛大に盛り上がりを見せた「ゴムゴムの実偽名トリック」によって、本当の名前の由来になった「太陽の神ニカ」の正体に関する考察が注目されています。

今回はそんな「太陽の神ニカ」について考察していきます!

ワンピースの世界で信仰される太陽の神ニカとは?


まずは、太陽の神ニカの基本情報について振り返り、モデルについても考察していきましょう。

初登場回は魚人島編「101巻 第1018話 ”ジンベエ VS フーズ・フー”」

「太陽の神ニカ」の名前がワンピース作中で初めて登場したのは下記です。

  • 101巻 第1018話 ”ジンベエ VS フーズ・フー”

現在、百獣海賊団に所属し飛び六胞を務めているフーズ・フーですが、元々はCP-9の一員として政府の下で働いていました。

しかし13年前、「ゴムゴムの実」を護送中にシャンクスに奪われるというミスを犯したことで、インペルダウンに投獄されてしまいます。

その時にインペルダウン内で「奴隷達がいつか自分達を救ってくれると信じた伝説の戦士」と看守から聞かされたというエピソードで、初めて太陽の神ニカの名前が登場しました。


太陽の神ニカとは「人を笑わせ苦悩から解放してくれる “伝説の戦士”」

 

前述のフーズ・フーのエピソードで判明したニカの特徴は

  • 奴隷達がいつか自分達を救ってくれると信じた伝説の戦士
  • 人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士

というものでした。
また、太陽の神ニカの名前が付けられたゴムゴムの実の覚醒した能力については

  • ゴムの体に更なる”腕力”と”自由”を与える
  • 世界で最もふざけた能力

と言われています。

太陽の神ニカの元ネタは?

次は、太陽の神ニカの元ネタについて考察していきましょう。

ギリシャ神話に登場する「勝利の女神 “ニケ”」説

一つ目の説が

  • ギリシャ神話に登場する「勝利の女神 “ニケ”」

です。

このニケという神様は「勝利の女神」と言われており、勝利を擬人化した神様としてオリンピックのメダルなどのスポーツ関連のデザインによく使われています。

勝利という言葉は、バトル漫画の主人公ルフィにぴったりですよね。

また、太陽の神ニカのモデルと思われる理由は「ニケの見た目」にもあります。
ニケの見た目は

  • 石膏のように白い肌
  • 雪のように白い翼
  • 火のように燃える黄金色の髪

をしていると言われているそうです。

正直ネットでニケの見た目に触れている情報がかなり少なく詳細は分からないのですが、もしこれが本当ならば「白い肌」「火のように燃える髪」という点ではかなり一致していますね。

ニケという読み方も日本語に直した時のフリガナであり、ニカという発音で表現されることもあるそうなので、名前や見た目の参考にした可能性もあると思われます。

インド神話に登場する「猿神 “ハヌマーン”」説

 

次に考察するのが、

  • インド神話に登場する「猿神 “ハヌマーン”」

であるという説です。

ハヌマーンとは言葉の通り猿のような姿をしている神様であり、ドラゴンボールなどでも有名な「西遊記の孫悟空」のモデルとも言われています。

このハヌマーンとルフィの共通点は非常に多く、太陽の神ニカの元ネタとして有力です。

ハヌマーンルフィ
果物と間違えて太陽を食べようとした悪魔の実(果物)を食べた・太陽の神の能力を手に入れた
大きさや姿を自在に変えられる体ギア5のルフィは体を自由自在に変化させることができる
風神ヴァーユを父に持つ父ドラゴンは風の能力を持っていると思われる
猿のような姿
  • 名前がモンキー
  • イメージ動物がサル
ハヌマーンの使いと信じられている猿は体毛が白いギア5状態のルフィは白い
火神アグニの加護により火を操れる「火拳銃」など火を伴う技がある

いかがですか?
これはもう偶然レベルの一致ではないですよね。

そして何より週刊少年ジャンプ33号についていた小冊子「Road To Laugh Tale Vol.4」の中で尾田先生の構想ノートが公開されており

  • ギア5の超大技「ゴムゴムの猿神銃」の構想メモに「ハヌマーン」の文字

という、「ニカの元ネタはハヌマーン説」がほぼ確定する情報が載っていました。
ただ、ハヌマーンとニカという単語を繋ぐ情報が見つからないため、恐らく

  • ニケとハヌマーンの両方からインスピレーションを受けている

のではないでしょうか。

ちなみに、ルフィのギア5についてはこちらの記事で解説していますので、ぜひチェックしてみてください!


空島やエルバフの「太陽信仰」

ワンピースでは度々「太陽信仰」の話が出ます。
現時点で太陽信仰とのかかわりが示唆されているのはこちら。

信仰
空島 ”シャンディア”太陽の神信仰
巨人国 “エルバフ”太陽の神信仰
象徴
魚人島タイヨウの海賊団とそのシンボル
ワノ国 光月家家紋
アラバスタ国のシンボル
太陽十字(宗教に登場するシンボル)
ローの出身地 “フレバンス”修道女が持っていた
ワノ国 光月家家紋
空島 ”シャンディア”祭壇のたいまつ
スリラーバーク墓標
ソルベ王国バーソロミュー・くまの服や聖書

信仰という話に限ってもこれだけの数が出てくるため、ワンピースにおいて「太陽」がどれほど重要な位置づけになっているのかがわかりますね。

また、この太陽信仰についてめちゃくちゃ重要な言葉が、またしても週刊少年ジャンプ33号についていた小冊子「Road To Laugh Tale Vol.4」の中に登場しています。

  • 「太陽の神ニカ 昔は誰もが知り崇拝したという」

これが意味するところについてはこの後詳しく考察していきますが、やはりワンピースの世界では「太陽の神信仰」はかなり古い時代に定着していたものなのでしょう。

”Dの意志”と同じように太陽の神ニカの意志も受け継がれている?

それでは次に、「太陽の神ニカの意志」について考察していきましょう。

「空白の100年」の前は太陽の神ニカが ”世界の神” だった?

 

太陽の神ニカの意志が受け継がれている理由は

  • 元々は太陽の神ニカが ”世界の神” であり
  • 空白の100年の間もしくはその直後に、信仰するべき神がすり替えられた

からだと思われます。

前述の通り「Road To Laugh Tale Vol.4」からの情報で、太陽の神がワンピース世界全土で信仰されていたことは確定しています。

空島やワノ国に現在もその信仰の証拠が色濃く残っているのは、外の世界の影響を受けにくい土地だったからなのでしょう。

ただ、現在の神は「天竜人」ですよね。

このすり替えが行われたのが「空白の100年」であり、すり替えたことがバレないように何らかの方法で歴史を隠したというのが真実だと、筆者は考察します。


おすすめの記事