【文スト】織田作之助ってどんな人?強さ・能力や太宰治との関係を解説
出典:「文豪ストレイドックス」公式サイト

タフじゃなきゃ生きていけない、やさしくなければ生きていく資格がない。

織田作之助は、まさに、レイモンド・チャンドラー風のハードボイルドな人生観を体現した男でした。

今回は、織田作之助のハードボイルドな生き様、そして…悲劇的な最後を解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】織田作之助とは?


織田作之助のプロフィール

 

 

  • 身長:185センチメートル
  • 体重:77キログラム
  • 好きな物:カレー
  • 嫌いな食べ物:肩の凝る食事会の食事
  • 好きなタイプ:機転の利く女性
  • 自分が思う長所と短所:長所は特になし、短所は友人に比べて才能がないところ。

 

織田作之助は、原作には登場しないキャラクターで、文ストの外伝とアニメに登場するキャラクターです。

外見は、赤毛で鳶色の目をした長身の男で、無精ひげを生やし、ベージュのコートに、黒のシャツという恰好をしています。

太宰や坂口安吾からは「織田作」の愛称で呼ばれています。

好物のカレーは、大変辛いものらしく、同じものを食べた太宰は「隠し味に溶岩が入っているの!?」と言っていました。


織田作之助の性格

癖のある性格をしている太宰や坂口安吾と仲良くできるほど、穏やかで思慮深い性格をしています。

世話焼き屋で、お節介な一面があるため、タバコ屋のお婆さんと2時間も話し込んでしまうこともあります(文豪ストレイドッグス外伝 BEASTより)。

あまり冗談が得意でないらしく、相手が言った冗談を、冗談と受け取ることもできないようです。

演じている声優は?

文豪ストレイドッグスで、織田作之助を演じているのは、諏訪部順一です。

バリトンの低い声質が特徴で、アニメだけでなく、ラジオやイベントのMCを務めることもあります。

また、エンターテイメント・プロジェクト「スワベジュンイチ」のリーダーを務めています。

文豪ストレイドッグス以外では、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のスティング・オークレー役、「ジョジョの奇妙な冒険」では、第三部でテレンス・T・ダービーの役、第五部ではレオーネ・アバッキオ役を演じ、「鬼滅の刃」では響凱を演じました。

また、「文豪とアルケミスト」では芥川龍之介を演じ、「啄木鳥探偵處」では森鴎外を演じています。

芥川龍之介も森鴎外も、文ストでは織田作之助とちょっとした因縁のあるキャラクターであります。

【文豪ストレイドッグス】織田作之助とは何者?


不殺(ころさず)のマフィア

 

 

織田作之助はポートマフィアの最下級構成員で、仕事はマフィアのトラブルシューターと言えば聞こえがいいのですが、基本は何でも屋のようです。

やることは、不発弾処理から、構成員の諍いの仲介、アジトの掃除までやっています。

彼が最下級構成員に甘んじているのは、不殺を信条とするマフィアだからです。

正体は凄腕の殺し屋

 

 

織田作は、今でこそ、殺しをやめたマフィアの最下級構成員となっていますが、もともとは、凄腕の殺し屋でした。

太宰に言わせると、織田作が本気を出したら、どんなマフィアでも敵わないとのことで、少年時代から、優れた銃の腕と異能を使って、多くの人間を殺めてきました。

福沢諭吉とも出会ったことがあり、その際、拘束された状態で的確に射撃し、標的を殺すほどの手腕を見せつけて、武術の達人である福沢を驚かせていました(「織田作之助が活躍する他の作品は?」の項を参照)。

彼が殺しをやめたのは、夢をかなえるために、いつかマフィアを抜けようと思っているからです(「織田作之助の過去とは?」の項を参照)。

【文豪ストレイドッグス】織田作之助と二人の親友


太宰治とは?

 

 

太宰治は、ポートマフィアの最年少幹部で、ちゃらんぽらんな言動に合わず、冷酷な一面があり、異能を無効化させる異能「人間失格」と、優れた思考力から繰り出す策略を武器に、大勢の敵を葬ってきました。

後に、彼はマフィアをやめ、武装探偵社に入社することになります。

坂口安吾とは?

 

 

坂口安吾は、マフィア直属の情報員です。もともと会計士で、マフィアが非合法で手に入れた金を洗浄することを仕事としていました。

情報操作に長けていたため、ボスから会計だけでなく、情報を扱う仕事を任されるようになり、マフィアの裏帳簿や、癒着している関連会社のリストの管理に、取引先との日程調整などの仕事を行うようになったのです。

会計や情報を扱う仕事をしているだけあって、太宰とは裏腹に、大変几帳面で、実直な性格をしています。

【文豪ストレイドッグス】織田作之助の過去とは?


殺し屋だった過去

 

 

前述の通り、織田作は少年時代から殺し屋をしていました。当時の織田作は、感情のようなものがなく、機械のように淡々と人を殺していくだけの存在でした。

超人的な射撃能力と、異能によって標的を確実に捉える力を誇っており、この当時の織田作は、暗黒街では有名な存在であったのです。

ある古い本

織田作が14歳の頃、とある富豪の家に侵入し、いつも通り標的を抹殺しました。しかし、彼はその家にあった、古い本が気になり、そのまま持ち帰ったのです。

それ以来、無感情だった織田作の心に何かが宿ったのか、本を夢中で読むようになったのです。


殺しをやめ、小説家を志すことを決意

ある日、織田作が、いつもの日課で、仕事の後に喫茶店に立ち寄り、あの時に拾った本を呼んでいました。すると一人の男が声をかけてきました。

坊主お前、何時もその本を読んでいるな。そんなに面白いか?

文豪ストレイドッグス外伝 黒の時代

 

織田作が面白いと答えると、下巻の所在について聞かれました。

織田作が拾った本は、上、中、下のワンセットで、下巻だけがどうしても見当たらなかったのです。

男は、下巻はつまらないから読まない方がいいと言った後、どうしても読みたければ自分で書くといいと織田作に言いました。


おすすめの記事