【ワンピース】バーソロミュー・くまを徹底考察!人間兵器になった理由や目的に迫る
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

王下七武海の1人ながら、麦わらの一味の大恩人とよばれているバーソロミュー・くま。
エッグヘッド編で、人間兵器になった理由やジュエリー・ボニーとの関係が明かされました。

今回は謎多きバーソロミュー・くまについて徹底考察していきます。

”暴君”バーソロミュー・くまの基本情報

まずは、バーソロミュー・くまの基本情報を確認していきましょう。

バーソロミュー・くまのプロフィール

バーソロミュー・くま
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

名前バーソロミュー・くま
誕生日2月9日
年齢2年前:45歳
2年後:47歳
身長689cm
血液型X型
星座みずがめ座
出身地南の海 ソルベ王国
好物はちみつ、サーモン
悪魔の実ニキュニキュの実
通り名暴君
完全改造後:PX-0
役職ソルベ王国国王→
王下七武海・革命軍幹部→
天竜人の奴隷
懸賞金元:2億9600万ベリー
懸賞金ランキング47位
初登場25巻 第233話 ”世界最高権力”

バーソロミュー・くまの出身は『ソルベ王国』

ソルベ王国王太后コニー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

バーソロミュー・くまの出身地は南の海にあるソルベ王国という国です。

ソルベ王国は「コニー」という名前の王太后がいる事とバーソロミュー・くまが元国王である事以外、詳しいことは不明でした。

しかし、元ソルベ王国国王のバーソロミュー・くまが持つ聖書やの服の模様から、ソルベ王国には「太陽信仰」があったと考察されていました。

私たちが住むこの現実世界では、宗教のシンボルとして「太陽十字」というものがあります。

太陽十字は丸に十字を重ねたマークなのですが、ワンピースの世界でもこの太陽十字によく似たマークが度々登場し、バーソロミュー・くまが持つ聖書やの服の模様がまさにその「太陽十字によく似たマーク」なのです。

また、週刊少年ジャンプ33号についていた小冊子「Road To Laugh Tale Vol.4」の中では、

  • 太陽の神ニカ 昔は誰もが知りすうはいした

という言葉がでてきており、かつては太陽信仰が浸透していたことも判明しています。

ワンピースにおいて非常に重要な意味を持つ「太陽」や「太陽の神ニカ」についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

バーソロミュー・くまはバッカニア族

バッカニア族は人間狩りの目玉
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

エッグヘッド編の回想でバーソロミュー・くまが、絶滅種とされるバッカニア族の生き残りと判明しました。

世界政府はバッカニア族を世界に対して大罪を犯した種族と見なしており、生き残りが見つかると奴隷にされてしまいます。

幼少期のバーソロミュー・くまもバッカニア族と発覚し、奴隷にされてしまいました。
バーソロミュー・くまはソルベ王国の王族ではなく、幼少期は天竜人の奴隷だったのです。

バッカニア族は代々太陽の神ニカの伝説を伝える種族であり、バッカニア族の犯した大罪はニカと関係がある可能性があります。

バーソロミュー・くまが太陽信仰を思わせる服装で聖書を持っていたのは、バッカニア族の教えを守っているからでしょう。

バッカニア族は、巨人族の血を引く特殊な種族とされていますが詳細は不明です。

バーソロミュー・くまは平和主義者(パシフィスタ)の第1号「PX-0」

PX-0
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

バーソロミュー・くまは「パシフィスタ」と呼ばれるサイボーグであることも重要なポイントです。

パシフィスタとはスペイン語で「平和主義者」を意味しますが、ワンピースに登場するパシフィスタはバーソロミュー・くまを実験台にして造られた「人間兵器」であり、平和とは程遠い様子。

ただし、パシフィスタという名前はバーソロミュー・くま自身が平和主義者だったころから、ベガパンクが付けた名前だと判明しています。

パシフィスタの製造番号は「PX-数字」で表され、パシフィスタの元となったバーソロミュー・くまは「PX-0」と呼ばれています。

このパシフィスタは、2年前のシャボンディ諸島編で麦わらの一味がやっとの思いで1体倒したほどの強さを持っていました。

その後マリンフォード頂上戦争では、20体以上のパシフィスタが投入される白ひげ海賊団への追い込み作戦も実行されています。

2年後編のシャボンディ諸島ではパワーアップして集結した麦わらの一味に歯が立たない様子でした。

しかし、エッグヘッド編では、ルフィたちが戦ったプロトタイプよりはるかに強力なマークⅢや新型のセラフィムが登場しています。

これまでの肩書きは「奴隷」「神父」「革命軍」「国王」「王下七武海」

本記事冒頭でも触れている通り、バーソロミュー・くまは異色の経歴の持ち主です。

これまでに判明している肩書きは

  • 天竜人の奴隷
  • 神父
  • 革命軍幹部
  • ソルベ王国国王
  • 残虐の限りを尽くした海賊
  • 王下七武海
  • 無敵奴隷

となっています。

ソルベ王国の国王としては、暴君だったと言われていました。
しかし、暴君や残虐な海賊というのは濡れ衣であり、常に他人を大事にする優しい人物だったことが判明しています。

ここからは、これらの肩書きと経歴を、バーソロミュー・くまの登場話と合わせて確認していきましょう。

バーソロミュー・くまの経歴と登場話

ここではバーソロミュー・くまの経歴を登場話と合わせて解説していきます。

幼少期・12年前・空島編

バーソロミュー・くまの幼少期は「63巻 SBSのコーナー」で描かれています。

本記事でも触れているように、バーソロミュー・くまはソルベ王国の元国王ですがSBSのコーナーで描かれた幼少期は王族には見えない貧乏な様子でした。

ぼろぼろの服を着て下駄をはき、背中にはたくさんの薪を背負いながら「NINOKIN」というタイトルの本を読んでおり、二宮金次郎をモチーフにしていると思われます。

エッグヘッド編で明かされた回想から推測すると、SBSのくまは奴隷から解放されてソルベ王国でジニーと暮らし始めた頃の姿でしょう。

バーソロミュー・くまは12年前にモンキー・D・ドラゴンらと共にゴア王国を訪れており、革命軍はこの時にグレイターミナル事件で国に殺されそうになっていた人々を助け出して、同志として革命軍に迎え入れています。

この12年前の回想シーンが描かれたのは「60巻 587話 “おれは、逃げない”」です。

バーソロミュー・くまの初登場は、空島編である「25巻 第233話 ”世界最高権力”」です。

クロコダイルがルフィ達に敗れたことをうけ、後任を決めるためにマリージョアへ出向いたシーンが初登場となります。

この時はドフラミンゴと共に登場し、続く234話にも登場しています。

おすすめの記事