呪術廻戦ネタバレ205話|vs九十九戦にて、羂索が領域展開!

脹相と羂索の戦いに九十九由基が駆けつけ、ついに特級同士が激突することになりました。

羂索相手に引けを取らないどころか、痛烈な一打すら九十九は加えていきます。
しかし、お互いに攻めに転じきれない理由がありました。
その均衡を、羂索が破ります。

羂索の領域展開に対し、九十九はどう動くのでしょうか。

九十九が読者の声援(?)に答えた第205話「星と油」のネタバレです。

呪術廻戦前回204話のおさらい

弟たちの声援を受け、脹相は立ち上がります。
しかし、「穿血」の性質を熟知している羂索は、余裕の表情を崩しません。

これに対して脹相は、弟・壊相の「蝕爛腐術」に似せた性能を術式に付与します。
避けたはずの攻撃が、羂索を追尾しました。
しかしそれも、呪霊によって防がれてしまいます。

蝕爛腐術は速度で「穿血」に劣り、血の毒も親である羂索には通用しない。
羂索はそう語りますが、実は脹相の狙いは別なところにありました。
追尾性能により、大量の血液を羂索の側まで運ぶことが目的だったのです。

至近距離から「超新星」を放つ脹相。
しかし、血液の散弾は命中する前にすべて叩き落されてしまいました。
この様子を見た脹相は、「呪霊操術以外の何かを使用した」ことを確信します。

そこへ、満を持して参戦したのは九十九由基でした。
ついに九十九が、戦闘に介入してきたのです。

呪術廻戦ネタバレ最新話205話の考察

呪術廻戦ネタバレ最新話205話の考察|羂索は何をした?

脹相の超新星を落とした際、呪霊操術以外の何かを使ったらしい羂索。
結局、何をしたというのでしょうか。

攻撃や術式を無効化した、というよりは、飛んでくる散弾を「叩き落した」ようです。
つまり、「飛び道具を叩き落す」系の術式か何かを使用した、と考えられます。

他人の術式の無効化よりも、「飛んでくる術式を叩き落す」の方が、縛りは緩そうに思われますね。
防御性能もあるわけですから、使い勝手の良さそうな技にも思われます。

ただし、これが羂索のオリジナルの術式かどうかは、まだ断言できません。
九十九との戦いの中で、言及されることを期待したいですね。

呪術廻戦ネタバレ最新話205話の考察|九十九が加勢した理由

203話では、様子見に回っていた九十九。
204話で、呪霊操術以外の何かを使った?!というタイミングで、加勢してきましたよね。

このタイミングで彼女が来たことに、何か理由はあるのでしょうか。

考えられることとしては、「別な術式の使用を確認する必要があった」という可能性があります。
現在、羂索は夏油傑の肉体を使っており、使用している術式も夏油のものです。

しかし、羂索本人は1,000年前から存在している術師ですよね。
使う肉体も、時代ごとに異なっていたことがすでに確認されています。
(加茂憲倫や、鹿紫雲と会っていたころの人物がいました)

彼らの術式も、現在の羂索は使用可能なのではないでしょうか。
そして九十九には、それを確認する必要がある何らかの理由があった、と考えられます。

呪術廻戦ネタバレ205話

呪術廻戦ネタバレ205話|「叩き直してやる」

満身創痍の脹相に代わり、九十九由基が参戦してきました。
味方の到来に安心したのか、脹相は倒れてしまいます。
(結界の外へ離脱したらしい脹相について、詳細は語られていません。天元あたりが保護してくれているものと思われます)

「泥くさい男は好みだよ」と、脹相を見遣りながら九十九は言います。
それに対して、羂索はどうやら好みのタイプとは言えない様子。
拳を握りしめながら九十九は「叩き直してやる」と言い放ちます。

ただし、性根や根性を、ではなく、あくまで九十九好みのタイプに、という意味合いのようです。

そんな九十九に対する情報ですが、意外なことに羂索は持っていませんでした。
特級である九十九の術式に関する情報は、呪術界の総督部が把握しているはずです。

しかし、羂索が掌握した総督部から、九十九の術式情報を得ることはできていなかったようなのです。

呪術廻戦ネタバレ205話|九十九、猛攻!

情報を持たないことが理由なのか、羂索は九十九が近づけないよう呪霊を呼び出します。
九十九曰く「輸入モノ」のその呪霊は、アジアの神の呪いであるようです。

『あらゆる障害』を取り除くとされるもので、術式対象に概念が絡む特級呪霊、とのことです。
おそらく、米軍相手に披露したあの象のような呪霊なのでしょう。
(ヒンドゥー教の象の神「ガネーシャ」で間違いないようですね)

対する九十九は、連れていた式神「凰輪(ガルダ)」をボール状にします。
全力で蹴り飛ばされた「凰輪」は、羂索の特級呪霊を一撃で粉砕しました。

驚愕する羂索に九十九は、自身の術式が質量であることを明かすのでした。

呪術廻戦ネタバレ205話|九十九の術式「星の怒り(ボンバイエ)」

体重を乗せた九十九の拳が、羂索を殴り飛ばしました。
両腕をへし折り、結界の定義に綻びが生じるまで吹っ飛ばすほどの威力です。

九十九の術式は、概念に収まらないほどの仮想の質量を付与するというものだったのでした。
名は「星の怒り(ボンバイエ)」。
式神「凰輪」は、九十九の術式によって呪具化した存在でした。
九十九本人以外で唯一術式の対象となるため、この式神にも仮想の質量を付与できます。

しかも、上げた質量による術師本人への影響は、どうやらないようです。
(付与された質量によって、九十九自身の体に負担がかかることはない、ということのようですね)
そんな九十九を相手に、等級の高い呪霊は出せないと羂索は考えます。

一方で九十九も、脹相の「超新星」を叩き落したのは重力だったと看破していました。
羂索の所有術式は、呪霊操術と肉体を渡る術式の2つがすでに確定しています。
また、「うずまき」によって術式を抽出することもできますが、こちらは一度きりしか使えないようです。

これらの合わせて考えた結果、九十九は「羂索は重力を操るという3つめの術式を持っている」と推測したのでした。

多くの術式をストックすると脳のメモリがはちきれるため、抽出した術式の複数所持はないだろうと九十九は推理します。
しかし、4つ目の術式を隠している可能性はゼロとは言えません。

羂索は羂索で、九十九は呪力出力の高い拡張術式を持っているだろうと予想していました。

激突した双方が、お互いを「面倒だ」と認識した理由は、ここにありました。

呪術廻戦ネタバレ205話|領域展開・胎蔵遍野

九十九の計画は、「羂索に領域を展開させ、展開後の術式使用困難な状態に追い込む」というものでした。

「仮に同時に私が同じような状態になったとしても」と言っていますから、彼女には領域展開をしのぐ何らかの策があるようですね。

おそらく、それが拡張術式、ということなのでしょう。
また、「凰輪」があるため、術式が使用困難になったとしても分があるとも考えていました。

この計画を確実なものにするには、羂索を削り領域の強度を下げることが望ましい状況です。
しかし、ここで羂索が動きました。

「互いの術式が煙たいのに領域を展開しないのは、領域の押し合いに自信がありませんって言ってるようなもんでしょ」

言いながら印を結び、羂索が展開した領域は、「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」。
無数の人の顔のようなものが浮かび上がる、禍々しい見た目の木のように見えます。

領域を確認した九十九は、天元に呼びかけました。
同時に、天元も何らかの印を結んでいます。

謎の領域に、九十九と天元はどう対抗するつもりなのでしょうか?

呪術廻戦ネタバレ205話のまとめ

いかがでしたか?

今回最も反響が大きかったのは、やはり九十九による一撃の場面でした。
ここ数回、読者からの怒りを買いまくっていた羂索に入った拳は、多くの読者から絶賛の声が上がったほどです。

九十九の術式に関しても、「まさかゴリゴリの肉弾戦とは」との声が上がっていました。
「考えたら東堂の師匠だもんな」という、納得のいく要素を見出した読者もいます。
いろいろ考察がされていた九十九でしたが、「彼女らしい術式だった」と感じたファンが多かったようですね。

それと同じくらい、反響を呼んだのはやはり羂索の領域展開でした。
現状、複数の術式を同時に使うことが、確認された直後のことでもあります。
どの術式が必中になるのか?全部の術式を使えるなんてことはあるのか?
などなど、読者の間で疑問が噴出していた様子が確認できました。
もちろん、「あれは夏油の領域展開ではないだろうな!?」と疑う声も多く見られました。

いずれにしても、詳細不明な領域です。
次回以降、どういった事実が判明するのかは、注目のポイントと言えますね。

そして、何やら干渉しようとしているらしい天元の動きも、気になります。

次回、九十九はどう反撃するのでしょうか?!

おすすめの記事