【ワンピースネタバレ考察】キッド海賊団は再登場しない!?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

1079話にてキッドがシャンクスに瞬殺され、海賊団も壊滅してしまいました。
果たしてキッドは、このまま退場してしまうのでしょうか?

今回はキッド海賊団が再登場する可能性について、考察させていただきます。

他に「壊滅」という言葉が使われたのはいつ?

同じ表現が使われたのはロックス海賊団!

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

1079話のラストにて、「キッド海賊団"壊滅"」という表現が用いられました。

実は「壊滅」と表現された海賊団が、作中で既に登場しています。
それがロックス海賊団です!ロックス海賊団といえば、ゴッドバレー事件でガープとロジャーに敗北した海賊ですよね?

その際に船長であったロックスも死亡し、仲間も散り散りとなりました。
そんな事件の顛末から、センゴクは「壊滅」と表現しています。

つまりそれほど絶望的な状況を、ワンピースでは「壊滅」と表現するのです。

ルフィ達がくまに敗北した時は「完全崩壊」

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

他に海賊団が壊滅した事例と言えば、原作53巻513話にてルフィ達がバーソロミュー・くまに敗北した時です。

この際は最後のページで、「麦わらの一味"完全崩壊"」と表現されていました。
ですが皆さんご存知の通り、ルフィ達は2年後に再集結しています。

そのため「完全崩壊」というワードは、世間から見た「ルフィ達の敗北」という事象に対する表現と解釈出来るでしょう。

ですので「壊滅」の言葉が使われたキッド達にも、まだ生存の可能性があると思われます。

キッド海賊団は再起不能?理由を考察

ヒントはキッド海賊団の船名

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

生存の可能性も残されているキッド達ですが、「海賊団」としては再起不能になってしまったと、筆者は考えています。

なぜならシャンクスとの戦闘で、キッド達は「海賊としての誇り」と呼べるものを失ってしまったからです。
それは、キッド海賊団の母船である「ヴィクトリアパンク号」。

実はこの船の名前は海賊になる前のキッドの親友だった「ヴィクトリア・S・ドルヤナイカ」から取られています。
そしてヴィクトリアがギャングに殺害され、その敵討ちをするため、キッドが結成したのが「キッド海賊団」の前身なのです。

そんなキッド達の「海賊になったきっかけ」として、親友の名を冠したヴィクトリア号が沈められのは、ショックでは片付けられないでしょう。
例えるなら「ルフィが"麦わら帽子"を失うようなこと」にも、等しいのではないでしょうか?

おすすめの記事