【ワンピースネタバレ考察】SWORDの隊員は海兵ではない!?SWORDについて徹底考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1080話にて、以前から存在が示唆されていたSWORDの全貌が明らかになりました。

そこで本記事では、SWORDの概要・メンバーについて解説していきます。

SWORDとはなにか?

海軍の諜報部隊

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

SWORDとは、海軍における機密特殊部隊です。
諜報活動を主としているようで、必要とあればドレークのように海賊の身分を偽ることもあります。

更にその潜伏先は、四皇カイドウの百獣海賊団のような、実力者が所属する海賊団です。
その為、潜伏するために、海賊として名をあげる→海賊団に入れてもらう→幹部にのしあがるプロセスが必要になります。

ですので、任務となれば海兵としての立場は、ほぼ捨てたも同然と言えるでしょう。
しかしそういった海兵がいるお陰で、四皇の情報もいち早く海軍は知ることができます。

海兵であって海兵ではない?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

1080話にて、SWORDのメンバーは海兵の証である「マリンコード」を、返上していることが明かされました。
つまり辞表を提出済みの海兵だけで構成された、捨て身の遊撃隊です。

その為、海軍側もSWORDのメンバーの行動に責任を持たず、いつでも首を切れます。
その代わりSWORDのメンバーは、上からのどんな命令も無視して自由に動くことが可能です。

しかしどう考えても、自由を得る代償の方が大きいように感じられます。
そのリスクを承知で入隊しているということは、SWORDには自身の「正義」に基づいて行動したい海兵が集まっているのでしょう。

四皇とも自由に戦闘可能

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

SWORDは「命令を無視して自由に活動出来る」ため、四皇とも許可なく戦闘可能であることも判明しました。

この権利を最大限活かしていたのが、ワノ国編におけるドレークでしょう。

物語終盤でドレークのスパイ行為がバレてしまいますが、ドレークはすぐに百獣海賊団への攻撃に転じています。
この場面、普通の海兵なら反撃するにしても、許可が必要となるはずです。
しかしSWORD所属のドレークなら、そんなことは必要ありません。

更に同じ場に居合わせたルフィにも、生き残るために共闘を申し込みます。
本来海兵が海賊と手を組むなど、あってはならないでしょうが、ドレークには関係ありません。

このように、んな場面でも命令に縛られない自由さが、海兵自身の命を救うことに繋がるのです。
逆にいえば、命令に縛られる通常の海兵では、潜入任務は難しいとも見て取れます。

おすすめの記事