【怪獣8号】アニメ放送前に打ち切り!?人気作品がつまらないと言われる真相を調査
出典:アニメ「怪獣8号」公式サイト

怪獣8号は少年ジャンプ+を代表する人気作品です。
2024年4月からアニメも放送されますが、怪獣8号には打ち切りになったという噂もあります。

怪獣8号が打ち切りの噂が出た真相やつまらないと言われる理由などをまとめました。

【怪獣8号】打ち切り説の真相は?

怪獣8号が打ち切りの噂はデマ

 

怪獣8号に打ち切りの噂があるのは事実ですが、打ち切りというのはデマです。
現在も少年ジャンプ+での連載が続いており、終了時期も決まっていません。

まだまだ、多くの謎が残っているため、連載が完結するのは当分先でしょう。

アニメ化が決まったばかりで打ち切りになることはない

 

怪獣8号はアニメ化が決まったばかりなので、打ち切りになることはありません。
怪獣8号は、2024年4月からアニメが放送されます。

漫画をアニメ化するのは、基本的により作品の人気を盛り上げるためです。
アニメを放送する時点で、打ち切りの予定はないことになります。

最新の漫画人気を考えると今後も打ち切りの可能性は低い

 

最新の作品の人気を考えても、怪獣8号が打ち切りになることは考えにくいです。
怪獣8号はジャンプ+最速で一億閲覧を突破し、2023年12月現在で国内累計発行部数1100万部を突破。

2024年2月現在でジャンプ+総合ランキングの上位であり、最新話が更新される金曜のランキングでは1位の常連です。
これだけ人気の高い作品なので、今後も打ち切りになる可能性は低いでしょう。

【怪獣8号】話題作に打ち切りの噂が出る理由

少年ジャンプ+で休載が多く物語のテンポが悪い

 

怪獣8号の打ち切りが噂される理由の1つが、少年ジャンプ+で休載が多いことが挙げられます。
初期の頃は毎週金曜日に最新話が更新されていましたが、隔週連載が多くなりました。

ただし、休載が多くなったことにははっきりした理由があります。
初期は描き貯めた話があったため週刊連載できましたが、ストックが無くなったことで隔週連載が多くなったのです。

休載の理由を知らない読者が多かったことで、打ち切りの噂が出たようです。
事実上週刊連載ではなくなっていますが、現在は長期の休載は少なく定期的に掲載されています。

作者の連載作品が打ち切りになっている

 

怪獣8号の打ち切りの噂が出ることには、作者の松本直也が過去に連載した作品が打ち切りになったことも関係しているようです。

2009年に週刊少年ジャンプで連載していた作品「ねこわっぱ」が、13周で打ち切りになっています。
少年ジャンプ+で連載した「ポチクロ」も、4巻という短期連載でした。

作者の漫画に打ち切りというイメージがあるため、怪獣8号も打ち切りの噂が出ているのかもしれません。
とはいえ、過去作品の打ち切りと現在の作品の打ち切りは無関係です。

おすすめの記事