キングダムネタバレ767話|尾平の結婚式が行われる!!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年8月10日発売の週刊ヤングジャンプ37号に掲載されるキングダム第767話のネタバレ情報をご紹介します。

キングダムネタバレ766話のおさらい

キングダムネタバレ766話①|秦に激震が走る!

  • 韓非子かんぴしが死亡した事件によって秦の咸陽は大騒ぎになり、嬴政えいせい昌文君しょうぶんくんもそのことについて話している。
  • 昌文君は韓非子が諜報活動をしていたことについて、証拠が必要だが、亡くなった今はそれも不可能だと話す。
  • そして昌文君の話によると、韓非子が李斯の館で亡くなっていたことで、李斯が暗殺したのではないかという噂が立っているらしい。
  • 嬴政は李斯がそんなことをする必要がないと言い、韓とのこれからの関係について考えるべきだと語った。

キングダムネタバレ766話②|李斯に別れを告げる姚賈

  • 屋上にいた李斯に、背後から姚賈ようかが近づく。
  • 姚賈はこれから秦を発つところで、その前に李斯に自分を見逃してくれたことについてお礼を言いに来ていた。
  • 李斯は「これからもお前を疑い続ける」と、姚賈に言います。
  • 姚賈は謝罪の言葉を述べ、秦を後にしました。

キングダムネタバレ766話③|韓非子の死を悼む李斯

  • その夜、月を見ながら酒を飲む李斯。
  • 普段酒を飲まない李斯ですが、やはり韓非子の死に相当ショックを受けているようす。
  • 李斯は韓非子が法の整備にやる気がなかったこと、そして唐突に李斯に話した「人の本質が思いの火ならどうする」という問いかけがずっと気になっていました
  • そして李斯は偉大な韓非子の後を継ぎたいと思っている自分に気づき、そのうえでもう韓非子がここにいないことに悔しさと悲しさから涙を浮かべた。

キングダムネタバレ766話④|信は城戸村へ!

  • 韓非子の訃報は瞬く間に広がり、ついに韓王の元へと届く。
  • 韓非子が諜報活動をしていたことが秦に知られているという事実によって、韓が怒りを表明することはなかった。
  • そして韓非子の死から2か月後、朝早く信は出かける準備をしている。
  • 信は城戸村に向かうようだ。

キングダム766話の詳細をこちらより御覧ください。

キングダムネタバレ767話

※ネタバレが含まれておりますので、本誌派やアニメ派の方はご注意ください。

キングダムネタバレ767話|城戸村で尾平の結婚式が行われる!

信は、羌瘣きょうかい羌礼きょうれいを連れ、城戸じょうとに到着しました。

村の中心では人々が集まり、にぎやかな様子が伝わってきます。

そこでは、尾平びへい東美とうびの結婚式が執り行われており、信は久々に尾平と再会を果たしました。

尾平は信を見て涙ぐみ、村人は結婚式のお祝いで大賑わいです。

キングダムネタバレ767話|大人になった信と羌瘣

羌瘣きょうかい羌礼きょうれいの2人も、結婚式のためにおめかしをしていました。

周りの男性は羌瘣のあまりの美しさに見惚れ、信も顔を真っ赤にしています。

そのそばでは尾平びへいの父親が嬉しさで号泣しており、また村人たちは信の成長ぶりを讃えていました。

そこへゆうが信に会いにやってきます。

キングダムネタバレ767話|有と信の再会

信は大きくなったゆうとの再会を喜びますが、有はしかめっ面で、信に何か言いたいことがあるようです。

有は「今まで全然村に戻ってこなかったのに、今更結婚式に出る恩知らずが偉そうに話しかけるな」と信を拒絶しました。

実は有はひょうが死んだ夜、朱凶しゅきょうに襲われ左足が不自由になっていたのです。

そのため村の若者が信に続き兵士となる中、有は足のけがのために兵士となることができませんでした。

有は信と一緒に戦いたかったのにそれが出来ず、悔しい思いをずっと抱えていたのです。

信は「漂が死んだ夜、お前が俺をぶん殴って一発で目を覚まさせた。有のおかげで生き延び、俺の大きな路が始まった。ありがとう」と感謝の言葉を述べました。

有は涙を流し、「ずっと会いたかったです」と心を開いたのでした。

キングダムネタバレ最新話767話のまとめ

信が尾平の結婚式に出席し、城戸村の人々が再登場しました。

懐かしい面々に信と同じ気持ちになった読者も多かったのではないでしょうか。

有も成長していましたが、左足のケガによってずっとわだかまりを抱えていました。

でもそれは信への好意の裏返しだったのでしょう。

おすすめの記事