【ワンピースネタバレ考察】くまの種族が判明!バッカニア族とくまについて考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

1095話でくまの種族が判明し、次々に驚きの事実も明かされました。
くまは特殊な種族と言うだけでなく、ニカとも密接な関係があることも判明しています。

バッカニア族やバーソロミュー・くまについてネタバレ考察します。

くまの種族に関して判明した事実

くまの種族名が判明
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

くまの種族名がバッカニア族と判明

1095話でくまの種族名は、バッカニア族であることが明かされました。
くまは自分のことを特殊な種族と語っており、ベガパンクもくまの筋力に惚れこんでいるとされていました。

サターン聖が、くまは絶滅種・バッカニア族の生き残りと語っています
バッカニア族は体が大きく、力の強い種族のようです。

また、イワンコフが巨人族の血を引いているとも発言しています。
ただ、特殊な種族でなくとも体格の大きな人間は、巨人の血が混じっているとされています。

巨人の血を引いた人間は珍しくなさそうなのに、バッカニア族が特殊と呼ばれるのは何か秘密があるかもしれません。

バッカニア族は奴隷階級だった

バッカニア族は、奴隷階級だったことも1095話で明らかになりました。
くまが生まれた時は、両親は奴隷ではありませんでした。

くまの父親は素性を隠して生活していましたが、くまが生まれてからまもなくバッカニア族であることが発覚してしまいます。

くまの母親はバッカニア族ではありませんが、くまと両親はそのまま天竜人の奴隷にされてしまいました。

バッカニア族は、世界に大罪を犯した一族とされていますが詳細は不明です。

バッカニア族はゴッドバレーの人間狩りの目玉

1095話でバッカニア族は、ゴッドバレーの人間狩りの目玉だったことも判明。
ゴッドバレーは天竜人の土地ではなく、世界政府の非加盟国でした。

天竜人はゴッドバレーを占領し、先住民と奴隷、犯罪者を使って、先住民一掃大会の人間狩りを開催
希少なバッカニア族は、人間狩りの目玉としてゴッドバレーに連れてこられたようです。

作中ではくま以外のバッカニア族は描かれていませんが、くま以外のバッカニア族もゴッドバレーにいるのかもしれません。

バッカニア族に関する考察

バッカニア族はニカを知っている
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

バッカニア族はジョイボーイの仲間?

バッカニア族は、ジョイボーイの仲間だった可能性が出てきました。
バッカニア族は、かつて世界に大罪を犯した一族とサターン聖が発言

どんな罪を起こしたのかは不明ですが、そのせいでバッカニア族は奴隷階級にされたと思われます。
しかし、回想でくまの父親がバッカニア族の家系には、ニカの伝説が伝わっていることをくまに話していました

ニカの名前を知っているということは、バッカニア族はジョイボーイと共に20人の王と戦った一族の可能性があります。

バッカニア族はジョイボーイの仲間だったから、世界政府にとって大罪を犯した一族であり、ニカの名前を代々伝えている可能性が高いです。

バッカニア族とくまのモデルはカリブ海の海賊

バッカニア族・バーソロミュー・くまは、どちらもカリブ海の海賊がモデルの可能性があります。
17世紀の頃、カリブ海で活動していた海賊はバッカニアという名前で呼ばれていました。

バッカニア族は、海賊を意味するバッカニアから取られたと思われます
バッカニアにはバーソロミュー・シャープ、バーソロミュー・ロバーツという人物がおり、くまの名前の由来の可能性高い
です。

バッカニアはカリブ海の無法者のことでしたが、イングランドなどの政府からスペインからの略奪を許可された私掠免許も持つようになります。

私掠免許は、政府が海賊行為を認めた免許であり、七武海のモデルになったとも言われています。

おすすめの記事