アニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第11話のネタバレと感想を紹介!
出典:アニメ「BEASTARS」公式サイト

本記事では、12月19日に放送されたアニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第11話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに見逃し配信情報をご紹介します。

前回第10話ではハルを助けに乗り込むという内容で終わりました。今回の第11話ではハル救出のための戦いが繰り広げ、一気に距離が近くなった二人に急展開が待ち構えています。

「BEASTARS(ビースターズ)」第11話のネタバレあらすじ


シシ組のボス対レゴシという肉食動物による戦いに決着がつきます。ボロボロになりながらも勝利するレゴシ。

間近で肉食動物の戦いを見てしまい、そして血に染まるレゴシにハルは脅え、腰をぬかしてしまいます。しかしレゴシの腕に抱きしめられ、安堵するのでした。

お腹の空かせたレゴシのため二匹はとりあえず腹ごしらえをします。その後、終電がもうなくなってしまったことを知り、持ち合わせの少ないハルとレゴシはラブホテル街へ向かうのでした。

「BEASTARS(ビースターズ)」第11話のネタバレ

ネタバレ①肉食動物VS肉食動物

襲われていたハルを守るように、シシ組のリーダーであるライオンと殴り合うレゴシ。レゴシはハルに今のうちに逃げるよう伝えますが、そんなことはできないとその場に留まります。

レゴシは腕を思いっ切り噛みつかれ血を流しながらもハルを守ります。戦いを終わらせるために覚悟を決めたレゴシはハルにこんな姿は本来見せるべきではないと謝り、自分の中の獣の心を呼び戻します。目を赤くして、機敏に動き、容赦なく敵の首元に噛みつきます。床には血が流れ、そこには脅えた表情のハルと、倒れたまま動かなくなった敵の姿。

以前レゴシはハルに日々死と隣り合わせの草食動物の気持ちなどわかるはずがないと怒られたことがあります。まさに今目の前で繰り広げられていた肉食動物の戦いは生きている世界の差を見せつけるようなものでした。

レゴシは俺と一緒に逃げてくれるかいとハルに手を差し伸べますが、ハルは恐怖で腰が抜けていました。ハルの目にはレゴシが救世主とみ見えるのか、悪魔と見えるのか。それは本人の判断に委ねようとレゴシは考えていました。

ゆっくりと手を伸ばし、手と手が触れた瞬間、レゴシはハルの腕を引きその体で包むように抱きしめます。無事で良かったと呟くレゴシの背中にハルは何も言わずにそのまま手をまわすのでした。


ネタバレ②無事に救出し、その後

この場から移動しようとするもレゴシは疲労と怪我から床に倒れこんでしまいます。なんとか立ち上がりゆっくりとした足取りで建物を出ますが、先ほど倒したシシ組のボスが二階の窓からレゴシの背中に銃を向けます。

急所を外して噛みついたレゴシの甘さに嘲笑って、優しさが命取りになることを知らしめようとしますが発砲する前に背後から何者かによって阻まれます。

その犯人はルイでした。そしてルイは銃を相手の口内に入れ、屈服して助けを求めろと言いますが、口の中に銃を突っ込まれているわけですから、何も発することが出来ずそのまま撃たれ命を落とします。銃の音に反応した他の仲間が駆けつけてきますが、ルイは笑い、角以外は全て綺麗に自分のことを食べろと言います。

一方、建物を出たレゴシは近くのベンチに突っ伏してしまいます。程なくしてレゴシのお腹の音が鳴り響きます。

屋台に行き、レゴシは焼きそばを注文します。二人で向かい合って座り、レゴシはハルちゃんも一緒に食べようと声を掛けます。


おすすめの記事