呪術廻戦ネタバレ259話|脹相がフーガで死亡!東堂と虎杖が宿儺と戦う‼︎

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2024年5月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ24号に掲載される『呪術廻戦』259話のネタバレと考察をご紹介します。

呪術廻戦ネタバレ258話のおさらい

呪術廻戦ネタバレ258話①|2度の黒閃で宿儺は反転術式で回復できず

呪術廻戦258話1
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

  • 258話は、虎杖が8度の黒閃を出した続きから始まる
  • 宿儺は2度の黒閃で、反転術式で腕を再生して術師たちを蹂躙しようとしていた
  • しかし、虎杖に7度の黒閃を魂の境界に決められ、契機を逃していた

呪術廻戦ネタバレ258話②|宿儺が領域展開「伏魔御厨子」を発動!

呪術廻戦258話2
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

  • 宿儺が領域展開「伏魔御厨子」を発動
  • 顕現したのは御厨子ではなく、呪霊のような生き物
  • 宿儺は黒閃によって、領域展開ができるようになっていた
  • 不確定な要素や即席の縛りによって、従来の威力と範囲の領域展開を構築

呪術廻戦ネタバレ258話③|反転術式の更なる詳細について判明!

呪術廻戦258話3
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

  • ここで、高専術師たちの作戦会議が描かれる
  • 「この戦いでは、反転術式と領域対策、どちらかが必須になる」と話す秤
  • すると脹相が家入、乙骨、秤に質問する
  • その質問とは、「反転術式で肉体を再生するとき、失った血液はどこで補填しているのか」というもの
  • 家入は、呪力を血液に変換している」と回答
  • また、受け手が相手の呪力を受容できるかどうかで、相手を反転術式で治療できるかどうかが決まると判明

呪術廻戦ネタバレ258話④|虎杖と脹相に隠された体質

反転術式について話す脹相
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

  • 家入の回答に「やはりな」と話す脹相
  • 続けて、自分が呪力を血液に変換できる体質だと明かす
  • この体質によって、反転術式による呪力消費の大幅な低下や習得難易度が低くなる
  • 虎杖も呪胎九相図を取り込むことで、この体質になることができた
  • そこで脹相は、入れ替え修業で1度は虎杖と反転術式を使える術師と組ませるよう、頼んだ

呪術廻戦ネタバレ258話⑤|高専術師たちが行った”入れ替え修業”とは?

入れ替わり修業について話す日下部
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

  • 入れ替え修業とは、2人の肉体と魂を入れ替えた状態で修業すること
  • この修業により、身体に呪術を扱う感覚を覚えさせることができる
  • 憂憂の術式によって、肉体と魂を入れ替えることができると判明
  • 宿儺が扱った呪術が虎杖の身体が記憶していた
  • そのため、虎杖は覚えが異常に早いのだと日下部は話す
  • そこで日下部は、自身の呪力操作と簡易領域の使い方を虎杖に覚えさせようと考える
  • この話を聞いた秤は、「簡易領域には門外不出の縛りがあるだろ」と疑問に感じる
  • すると冥冥が、「それはなんとかした」と話す
おすすめの記事