レグルスとの最終決戦は原作第5章


レグルスとの最終決戦は第5章となっており、自身の嫁にするためにエミリアを誘拐して強制的に結婚式を開こうとします。

しかし、エミリアを取り戻そうとスバルたちが乱入、スバルとラインハルトでレグルスを倒すための戦闘になります。

ラインハルトの力を持ってしてもレグルスを倒すことはできず、能力に圧倒されていたスバルたちですが、レグルスの嫁に能力のタネを教えてもらうことに成功したのです。

その後、エミリアの力で嫁全員を一時的に氷漬けにして、「小さな王」を無力化。しかし、レグルスはエミリア自身に擬似心臓を移動させます。

移動した擬似心臓をスバルの見えざる手を使用して破壊することに成功し、小さな王を無力化させます。


最後はラインハルトに倒されて死亡

ラインハルト

小さな王が無力化した後は、今までのように権能を使用することができなくなり、1対1でラインハルトと戦うことになるのですが、数秒しか能力を使用することができず、最後は溺れ死にました。

能力のタネが割れてしまえば、対処法も多く、すぐに倒されてしまっています。

戦闘中は一時ラインハルトが死亡するシーンもありましたが、不死鳥の力で蘇っています。

【リゼロ】まとめ


リゼロの重要人物であるレグルスの能力・強さやレグルスの最後について、ネタバレを含みつつ解説していきました。

レグルスは、リゼロ登場キャラクターの中でもトップクラスに強いキャラでしたが、タネが割れると呆気なく倒されてしまうキャラでもあります。

アニメ2期では第5章まで進まないとされていますが、今後の登場シーンを含めて「RE:ゼロから始める異世界生活」を楽しんでみてください。

※pixivイラストは全て絵師様に使用許諾を頂いております。


おすすめの記事