大賢者シャウラ
スポンサーリンク

リゼロ本編第3章に出てくる「フリューゲル」ですが、今まで正体が明かされることなく謎のままでした。

そのため、「フリューゲルって一体何なの?」「実際の正体って?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、今後のキーパーソンとして期待されている大賢者フリューゲルの正体の考察やシャウラとの関係性などをご紹介します。

【リゼロ】大賢者フリューゲルとは?

前述している通り、第3章登場以来謎のままだった大賢者フリューゲルですが、第5章にて正体の一部が明かされましたので、詳細について解説していきます。

フリューゲルの大樹を植えた張本人

今までわかる情報は、「フリューゲルの大樹」植え育てた人物として語り継がれています。

見たことがないのにもかかわらず大樹を植えた人物が語り継がれている理由としては、大樹の幹に「フリューゲル参上!」と書かれていたからです。

何故上記内容を大樹に書いたのか真意は明かされていませんが、書かれている内容から大樹を植えたのはフリューゲルと称されています。

また、後述する考察部分で詳しくは解説していきますが、アニメ第2期ではスバルがラムに言葉を教えてもらっている際に落書きしている文字が「スバル参上!」と書いていることから、何らかの関係性があるのではないかと言われています。

フリューゲルと賢者シャウラは師弟関係

第5章にて、スバルたちは三英傑と呼ばれる嫉妬の魔女サテラを封印した「大賢者シャウラ」に会いにいきます。

また、三英傑は残り2人「初代聖剣レイド=アストレア」・「神龍ボルカニカ」が語り継がれており、スバル達は存在が消えてしまったラムのために、賢者と呼ばれる所以である知恵を求めて会いにいくことを決めるのです。

スバルたちは、シャウラが根城にしていると言われているプレアデス監視塔に向かう途中、何度も全滅されますが、スバルの死に戻りを使用してなんとかたどり着きます。

そこでようやく大賢者シャウラと会うことになるのですが、話を聞いてみるとシャウラは三英傑の1人ではないと話します。

実際のところは、フリュゲールの功績を譲られて意図的に三英傑の1人として語り継がれたと言っているのです。

シャウラはフリューゲルの弟子であり、実際のところ賢者でもないため、あえて名前をすり替えているのですが、何故別の人物の名前を広げたのかはわかっていません。

シャウラがプレアデス監視塔を守っていた理由

シャウラがプレアデス監視塔を守っていた理由としては、フリューゲルに守ように言われていたからです。

しかし、守っていた本人も塔については深くまで把握しておらず、存在意義や意味を把握していませんでしたが、400年以上塔を守っています。

また、プレアデス監視塔には、登っていくために必要となる「試練」が存在しており、シャウラは番人の役割を担っています。

5つの試練を突破していくことで、塔を登ることができるのですが、5つのどれか1つでも突破できなければ、仲間の誰か1人が殺されることになるのです。

スポンサーリンク

【リゼロ】フリューゲルの正体

続いては、フリューゲルの能力や強さについて解説していきます。

しかし、原作でもようやく言及され始めた人物であるため、細かい能力やビュジュアルなどは明かされていません。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事