炭治郎の玄孫『カナタ』『炭彦』

https://twitter.com/Karanogi/status/1262040445581852673

炭治郎とカナヲの子孫が、長男の『カナタ』16歳と次男の『炭彦』15歳です。

長男『カナタ』

容姿はカナヲに似ていて、あだ名が「初恋ドロボウ」と言われるほど無意識に女性を口説いてしまうしっかり者のイケメン

次男『炭彦』

容姿は炭治郎に似ていて、禰豆子に似て寝るのが好きな少年
身体能力が高く、登校中にパルクールをする場面も。

禰豆子の子孫『燈子』『善照』

https://twitter.com/Karanogi/status/1262040445581852673

禰豆子と善逸の子孫が、長女の『燈子』18歳と長男の『善照』17歳です。

長女『燈子』

容姿は禰豆子に似た美人で、カナタのことが好きなしっかり者

長男『善照』

容姿は善逸に似ていて、黒髪で泣き虫
イケメンに嫉妬し、女の子が好きなことから、まさに善逸の生まれ変わりです。

【鬼滅の刃】炭治郎の家族は誰に殺された?

第一話で鬼に殺された炭治郎の家族。
一体どの鬼に殺されたのか、皆さん気になっていると思いますので紹介します。

炭治郎の家族の死亡シーン

 

父が亡くなってから、炭治郎は「弟妹たちにお腹いっぱい食べさせてあげたい」と言って、大変な母を手伝っていました。

ある日、山の麓の町まで炭を売りに行った炭治郎。
炭を売り終わって、家に帰るため山に入ろうとしましたが、「鬼が出るから戻れ」と三郎爺さんに引き止められます。
「次の日の朝帰れ」と言われたため、泊めさせてもらいました。

そして次の日、家に帰ると家族が殺された状況。
禰豆子以外はみんな死んでいて、禰豆子も息はありましたが、鬼にされていたのです。

鬼舞辻無惨による襲撃

 

嗅覚が優れている炭治郎は、家に残っていた匂いと鬼舞辻無惨の匂いが同じであると言っていました。

浅草を訪れた際、家に残っていた匂いと同じ人物を見つけた炭治郎。
それが、人間姿に化ている鬼舞辻無惨だったのです。

これが、1番有力な説とされています。

おすすめの記事