文豪ストレイドックス
出典:「文豪ストレイドックス」公式サイト

ポートマフィアの切り込み隊長にして、太宰治のライバルである中原中也。

喧嘩っ早いが、おしゃれでイケメン。チンピラ達をまとめる、荒くれものの頭目としての魅力が、彼にはあります。

今回は、そんな中原中也のカッコいい場面、そして名言を紹介します。

【文豪ストレイドッグス】中原中也とは?

中原中也はどんなキャラ?

 

中原中也はポートマフィアの幹部で、優れた体術と、重力を操る異能をもっています。

160cmという小柄な体躯でありながら、マフィアの屈指の武闘派であり、一度抗争がはじまれば、最前線で指揮を執って戦います。

太宰治がマフィアにいた頃は、パートナー同志であったのですが、二人とも仲が悪く、今でも顔を突き合わせるたびに喧嘩ばかりしています。


おしゃれなマフィア、中原中也

 

荒っぽい言動の多い中原ですが、見た目はイケメンで、とてもおしゃれです(ただし、目つきは悪い)。

帽子から靴まで、衣装には並みならぬこだわりがあり、見た目は古き良きマフィアという感じです。

酒もたしなむようですが、あまり強くはないようです。

【文豪ストレイドッグス】中原中也のかっこいいシーン

ポートマフィアの切り込み隊長

 

前述したように、抗争がはじまると、ポートマフィア屈指の武闘派である中原中也は、切り込み隊長となって活躍をします。

共食いのエピソードでは、優れた統率力で、芥川をはじめ、多くの兵隊を従えて、武装探偵社を取り囲みました。その際は、自らが前線に出て、陣頭指揮を執っているシーンがあります。

幹部でありながら、自ら先陣を切る様は、ギャングを統べる荒くれものの頭目という気風です。

その一方、三社戦争の際は、部下もつれずに、単独で探偵社達の隠れ家に乗り込むシーンもあります。

マフィアの切り込み隊長らしく、勇ましさを秘めているのです。


重力使い、その驚異の異能

 

中原中也の異能「汚れつちまつた悲しみに」とは、重力を操る能力です。

体を重くして、強靭なパワーを得るだけでなく、体を軽くして俊敏な動きをすることも、重力場を変化させて、天井に逆さまに立つこともできます。

さらに元パートナーである太宰と組むと、「汚辱」と呼ばれる技を発動することができます。

汚辱とは、周囲の重力子を操り、自身の質量を増大させて強大な力を得るというもので、簡単に言えば中原の異能の暴走状態のことです。

そのパワーは絶大で、重力子を弾丸のように撃つことができ、腕には素手で洗車を引き裂くほどの力を宿します。

ただし、この状態だと中原は正気を失ってしまうので、能力を解除させるには、太宰の能力無効化させる異能「人間失格」を使う必要があるのです。

その力で、かつては敵組織を建物ごと壊滅させたことがあり、原作で、最初に発動したのは、ラブクラフトとの戦いのときです。

【文豪ストレイドッグス】中原中也のかっこいい名言

「相変わらず悪だくみかァ太宰!こりゃ最高の眺めだ、百億の名画にも優るぜ」」

第三巻、十話より。

 

中原中也の初登場のシーンで、黒いコートをマントのように羽織って、マフィアの幹部らしく威圧感たっぷりに現れました。


おすすめの記事