【文スト】芥川龍之介は死亡して生き返る?過去から現在まで徹底解説!
出典:pixiv@雅己(まさこ)

中島敦のライバルキャラ、芥川龍之介とは、ポートマフィアの禍犬と呼ばれるほどの悪辣な戦闘狂にして、一匹狼です。

彼がなぜ、そこまで戦いに駆り立てられているのか、彼の過去に何があったのか、今回は芥川龍之介について解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】芥川龍之介とは?


芥川龍之介のプロフィール

 

  • 年齢:20歳
  • 誕生日:3月1日
  • 身長:172cm
  • 体重:50kg
  • 血液型:A型(文豪の芥川と同じ)
  • 好きなもの:書畫骨董、茶、無花果(いちじく)
  • 嫌いなもの:盆栽、犬、風呂(文豪の芥川と同じ)、蚕豆(そらまめ)、蜜柑(みかん)

芥川の一人称は僕(やつがれ)で、この一人称は、昔、男性がへりくだって云うときに使っていたものですが、古風な言葉が、時折出てくる文ストの世界でも、この一人称を使っているのは芥川のみです。

そのため、ファンの間では、芥川のことを「やつがれさん」と呼んでいます。

好きなものの一つにある「書畫骨董」とは「書画骨董」の古い書き方で、芥川は戦闘狂である反面、美術に大して関心があるという意外な一面があり、文ストの小説版「黒の時代」では、美術品に気にかける場面があります。

犬が嫌いなのは、浮浪児だった頃、仲間の一人が野犬に食い殺されてしまったという、かなり悲惨な過去によるものです。

「魁!!男塾」のスピンオフで「僕!!男塾(やつがれ!!おとこじゅく)という漫画作品があります)

人が野犬に食い殺されるという事件は、終戦時の日本で本当にありました)


芥川龍之介の性格

 

芥川はぶっきらぼうで、一匹狼体質の男です。

マフィアの中でも単独行動が多く、遊撃隊長という役職でありながら、単騎で戦いに行こうとするので、副官の樋口に心配されています。

その冷徹さと、他者と相容れぬ雰囲気から、周囲から畏怖されていますが、一方で、戦いが始まれば樋口を下がらせ、仲間から助けられれば、素直に感謝を述べるなど、細やかな一面を持っています。

芥川の仲間、黒蜥蜴のメンバー

黒蜥蜴とは、マフィアの傘下組織の一つで、芥川と樋口の指揮下で動いています。

本編に登場したメンバーは以下の通りです。

 

 

  • 広津柳浪

黒蜥蜴の百人長です。モノクルをかけて、黒い礼服姿をした初老の紳士で、「落椿」という、掌から斥力を生み出す能力を持っています。

メンバーでは一番の古株で、ボスが先代の頃からマフィアにいました。

  • 立原道造

鼻の上に絆創膏を貼ったチンピラ風の若者で、粗野な口調が目立つ男です。二丁拳銃の使い手です。

マスクをつけた人物です。小刀が武器で、暗殺を得意としています。

マスクと恰好のせいで、分かりづらいのですが、本当は女性で、芥川の実妹です。

 

 

  • 樋口一葉

スーツ姿をした女性で、芥川の副官です。見た目は普通のOLに見えますが、銃器や爆薬の扱いに長けており、芥川に恋愛感情を抱いています。

【文豪ストレイドッグス】芥川龍之介の過去


浮浪児だった過去

 

芥川は、もともと浮浪児で、仲間の孤児たちとともに横浜の街をさまよっていました。この当時の芥川は、今以上に感情表現の乏しい子供でした。

ある日、仲間の浮浪児達が、ポートマフィアの下部構成員たちに殺されたために、彼は復讐を誓ったのです。

芥川は少年時代から、異能を使うことができたので、少年の身でありながら、並みの大人ですら敵わないほどの戦闘力を持っていました。

その自負もあって、芥川は、マフィアに単身で戦いを挑むという無茶を行ったのですが、敵を殺したのは、当時、マフィアの幹部となったばかりの太宰治でした。

太宰治との出会い

 

太宰は芥川の噂を聞きつけて、彼を勧誘しようとしたのです。芥川の異能「羅生門」の力は、暗黒街で評判になっていたので、太宰は芥川に興味を抱き、手土産として、代わりに敵を討ったのでした。

太宰は芥川の能力を評価し、マフィア最強の能力になると見込んでいましたが、芥川の向こう見ずな性格には少々手を焼いていたようで、鞘のない刀剣とまで言っていました。当初は、防御の技も、なかなか覚えようとはしなかったのです。

時折、かなり厳格な指導をして、芥川の性格を矯正させようとしていましたが、荒事を専門とするマフィアという環境下もあり、芥川はどんどん戦いにのめりこんでいきました。


芥川の現在

 

太宰は、親友である織田作之助の死をきっかけに、マフィアを離れることとなりました。

そのため、芥川は心の奥で太宰に捨てられたと思い、誰の助けも借りず、一人で戦い抜くという道を選んでいくようになりました。

やがて、太宰の教えの甲斐もあって、芥川は優れた戦術を駆使して戦うようになり、森鴎外曰く、独走し、破壊し、結果的に最大の貢献をする存在となり、マフィアの遊撃隊の隊長となって、多くの人から畏怖される存在となったのです。

【文豪ストレイドッグス】芥川龍之介の異能や強さは?

異能「羅生門」とは?

 

羅生門とは、芥川身にまとっている衣服の形状を、黒獣に変形させてしまう能力です。

黒獣は空間を食らうこともでき、敵の攻撃を直前でかき消すことができます。

いかなる力を持った異能か?

 

黒獣は芥川の意思で、自在に変形することができます。棘状になったり、触手のようになったり、刃物のようにすることもできます。

 

さらに前述した通り、空間を食って、敵の攻撃をかき消すこともできるので、攻防一体の力を持った優れた能力です。以下が技名です。

  • 羅生門・顎(あぎと)

 黒獣が強力な顎(あごのこと)になって、敵を噛み砕く技です。

  • 羅生門・連門顎(れんもんあぎと)

 顎を複数出す技です。

  • 羅生門・獄門顎(ごくもんあぎと)

 巨大な顎を出す技です。

  • 羅生門・叢(むらくも)

 黒獣をかぎ爪のついた巨大な掌にして、敵を攻撃する技です。

  • 羅生門・早蕨(さわらび)

 棘上の形態にして、地面の中に通し、敵を下側から串刺しにする技。

  • 羅生門・彼岸桜(ひがんざくら)

 巨大な塊にして、花開くように、無数の棘を出す技。

  • 羅生門・黒波濤(くろはとう)

 無数の帯状にして出す技

  • 羅生門・天魔纏鎧(てんまてんがい)

 芥川本人に羅生門を身にまとわせて、パワードスーツのような形態にする技。


おすすめの記事