呪術廻戦ネタバレ186話|秤がノりにノる!不死身と領域「連続」展開!

パンダのピンチに秤が駆け付け、鹿紫雲と秤の戦闘が始まります。
シャルル戦ではあくまで「術式や領域の基本的な情報」のみが判明していた秤。
今回から始まる鹿紫雲戦で、さらなる情報が明らかになっていきます。
鹿紫雲はそんな秤に、どう対抗してくるのでしょうか。

秤の強さをヒシヒシ感じる第186話「東京第二結界⑤」のネタバレです。

呪術廻戦前回185話のおさらい


お兄ちゃんのゴリラにいじめられては、お姉ちゃんに泣きついていたパンダ。
それでもお兄ちゃんが大好きだったパンダに対し、ゴリラはいつも素っ気ない対応をしていました。
友だちと遊びたいのにいつもくっついてくる、何に対しても自分とチームを組みたがる、そのせいで勝てない。
ゴリラはゴリラなりに、パンダに不満を持っていました。
そんなゴリラをパンダは慕っていると、お姉ちゃんはゴリラを諭します。
「なんでも許してくれるパンダに、甘えてるのはゴリの方なんじゃない?」
埋め合わせをしようと思ったその夜、ゴリラとお姉ちゃんは『父ちゃん』に連れて行かれました。
「パンダとはお別れだ」
「置いて行かれるのは、俺たちの方だ」
そう告げられたゴリラとお姉ちゃんは、『父ちゃん』に連れられて行ったのでした。

大破したパンダに、なおも宿儺の居所を尋ねる鹿紫雲。
そこへ秤が登場します。
轟音を立てながらやってきた秤に、鹿紫雲は攻撃の対象を変更しました。

呪術廻戦ネタバレ186話考察

呪術廻戦ネタバレ最新話186話予想|秤は鹿紫雲に対抗できる?

秤の術式は、総監部からあまり好かれない斬新な内容のもので、領域展開の「坐殺博徒」も、作中に実在するパチンコ台をモチーフにしています。
こういった秤の奇抜さが、鹿紫雲相手にどこまで通用するかが勝負の鍵になるのではないでしょうか。

また、「坐殺博徒」は演出の妨害が不可能な領域です。
術師本人への攻撃はできますが、シャルル戦の描写を踏まえると、「同時に処理すべき情報量が多い」のではないかと推測できるのです。
鹿紫雲は確かに強敵ですが、「複数の情報を同時に処理して、最優先すべきものから対処していく」ことができる人物なのかどうかは未知数です。
秤はどこまで、鹿紫雲に渡り合えるのでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ186話


呪術廻戦ネタバレ186話|秤の圧倒的攻撃力!

謎の音楽と共に秤は登場していました。
そして、その秤の一撃で、コンテナを粉砕しながら遥か後方へと吹っ飛ばされていく鹿紫雲。
何とか踏みとどまったその先に、即座に秤は追いついてきました。
渾身の両足蹴りを紙一重で鹿紫雲は回避します。
秤の蹴りの直撃を受けたコンテナは大きくへこみ、避けたはずの鹿紫雲も軽く鼻血が出る程度のダメージを負いました。

秤の攻撃は、当然鹿紫雲も呪力でガードしています。
そして鹿紫雲の呪力は電気のような性質を帯びており、この性質はガードしきれないはずのものでした。
つまり秤は、鹿紫雲の呪力特性をほぼ無視して攻撃することができていたのです。
このようなことが可能だった理由はただひとつ。
秤の呪力量と出力が大きかったからでした。

呪術廻戦ネタバレ186話|「なにもかもが面白い……!!」

シンプルな呪力による肉体強化では、防ぎにくい特性をしっかりガードできる秤に、ますます鹿紫雲は興味を掻き立てられます。
互いに名乗りあい、ここでやっと秤は、自分が今対峙しているのが100点を獲得している鹿紫雲一であることを把握しました。
「勝ったら100点使わせてくれよ」と言う秤に、鹿紫雲は宿儺について知っていることを吐けと返答。
しかし、このやりとりの最中、秤に異変が起きました。

『漲る呪力(ボーナス)で、トぶぜ……!!』

直後から、攻撃を畳みかけてくる鹿紫雲に対し、秤は一切ガードしないのです。
この状況を「急に腑抜けた」と感じた鹿紫雲は、途端に不機嫌をあらわにしました。
「おい」
「ガッカリさせるな」
そう言いかけた鹿紫雲に、秤の拳がめり込みます。


呪術廻戦ネタバレ186話|鹿紫雲の反撃

秤と鹿紫雲の、怒涛の殴り合いが始まりました。
双方、防御も回避も最小限度にとどめ、攻撃に重点を置いた動きを見せます。
広く場所を使い、地面を大きく粉砕しながら、どちらも一歩も譲りません。

しかしこの流れの中で、鹿紫雲は「ある攻撃」を狙っていました。
呪力を溜めることで、火力を上昇させる攻撃です。
この意図は見事にハマり、秤は左腕を吹き飛ばされてしまいます。
『殺(と)った』
と、鹿紫雲は確信し、そのまま攻撃を畳みかけようとします。

ところが、鹿紫雲の思った流れにはなりませんでした。
腕を失った状態で、秤が反撃してきたためです。
とは言え手負いとなった秤に、これ以上の攻撃はできないはずだと、鹿紫雲は考えていました。

その見込みも、秤は打ち砕いてきます。

呪術廻戦ネタバレ186話|領域「連続」展開

鹿紫雲に吹き飛ばされたはずの秤の左腕は、なぜか再生していました。
反転術式を疑う鹿紫雲でしたが、秤は反転術式を習得していません。
にもかかわらず、秤の腕が再生した理由は「坐殺博徒」の大当たりの効果によるものでした。

大当たりが出ると、「ラウンド」といって『私鉄純愛列車の主題歌が流れる時間』が発生するのです。
「ラウンド中」の4分11秒間は、ボーナスとして秤の呪力は無制限に溢れるようになります。
この「無制限に溢れる呪力」は、秤自身が壊れないように反射で反転術式を行ってくれるのです。

つまり秤は、領域展開で大当たりを引いたあと、4分11秒間は不死身でいられるのです。
そして、4分11秒が経過して音楽が止むと呪力が凪ぎ、秤は再度の「領域展開」を行えるようになります。
通常、領域展開を行うと術式が焼き切れてしまうのですが、秤の場合はラウンド中に焼き切れた術式も回復するためです。
このため、秤は大当たりを引き続ける限り何度でも、領域を展開できるのでした。

呪術廻戦ネタバレ186話のまとめ

いかがでしたか?

「大当たりが出るとどうなるか」がはっきりと判明した秤が、圧倒的な強さを見せてくれました。
簡単にまとめると、
・大当たりが出たら不死身になる
(溢れる呪力が反射で反転術式を行ってくれるため)
・連続で領域を展開できる
(ラウンド中に焼き切れた術式が回復するため)
というふたつのポイントがありました。
特に、「領域展開が連続で行える」というのは前例のないパターンです。
斬新なだけではない意外性も、秤の強さの要素のひとつと言えるでしょう。

ただ、今回はやられっぱなしといった形になってしまった鹿紫雲が、これで終わるとは思えません。
宿儺と因縁があるらしい鹿紫雲ですから、呪力の特性以外の何らかの能力も有していると想定した方が良いでしょう。
そうなると気になるのは、やはり「領域展開」ですよね。
鹿紫雲は果たして、領域展開を行うことができる術師なのでしょうか。

次週は休載とのことですから、重要事項をうっかり忘れてしまわないようにしたいですね。


おすすめの記事