【ワンピース】ズニーシャ(象主)とは?歩く理由やジョイボーイとの関係など考察!
出典:pixiv@かたてわざ

ワンピース1043話にて、「ジョイボーイが…!!帰って来た!!!」と発言したことから一気に注目が集まっている象主(ズニーシャ)ですが、その多くは謎に包まれています。

今回はそんなズニーシャについて徹底的に考察していきます!

象主(ズニーシャ)とは


ズニーシャとは一体どんなキャラクターなのでしょうか。
まずは、現在判明している情報を振り返っていきましょう。

ズニーシャのプロフィール

 

ミンク族からの呼び名象主(ズニーシャ)
土地の名前ゾウ
象の学名ナイタミエ・ノリダ象
誕生日12月18日
星座いて座
年齢不明(1000歳以上)
高さ不明(35km以上)
出身地偉大なる航路
好物空島のリンゴ、巨大ワカメ
特徴足が長く関節が二つある

ズニーシャの初登場

ズニーシャの初登場は80巻 802話”ゾウ”です。
ドレスローザ編で目的に合わせたチーム編成を組み別行動をとっていたナミ達のチームと合流するため、ルフィ達がローとともにベポのビブルカードを使ってゾウに向かいました。

陸の際はカン十郎がだした”昇り龍”のりゅーのすけがルフィ達を背中に乗せて運んだのですが、どうやらロビンのかわいいセンサーに反応したようで、上陸後はちょっとした感動シーンもありました。

ズニーシャは「ダリの絵画」がモデル?

ズニーシャはサルバドール・ダリの様々な作品に登場する「宇宙象」がモデルとされています。

その理由はズニーシャの学名である「ナイタミエ・ノリダ」です。
この学名を反対から読むと「だりのえみたいな」になり、字のまま「ダリの絵みたいな」という意味になります。

この宇宙象は足が非常に長く、巨大なオベリスクを背負っていることが特徴です。
オベリスクというのは古代エジプトにおける記念碑のようなもので、神や王に関することがヒエログリフという古代文字で刻まれた岩の塔です。

ワンピースに登場するズニーシャも「ロードポーネグリフ」を背負っているので、ズニーシャが宇宙象をモデルに描かれたのは間違いないでしょう。

象主(ズニーシャ)の正体を考察

それでは、ズニーシャの正体について考察していきましょう。


”幻の島” ゾウ・モコモ公国・ミンク族とは

 

まず、ズニーシャの考察に欠かせない基本情報を解説していきます。

”幻の島” ゾウとは
ゾウとは巨大な象の背中にある土地のことで、ズニーシャという名前はミンク族が使うゾウの呼び名です。
歩き続けている象の背中にあることから磁気を記録して航路を示すログポースや地図・海図の類は意味がなく、象と行動をともにしている誰かのビブルカードを利用するしかないため”幻の島”と呼ばれています。
モコモ公国とは

モコモ公国とは前述のゾウで栄えた国のことで、ミンク族が住んでいます。
1000年近く存在することが判明しており、くじらの森という場所にはロードポーネグリフが安置されています。

ミンク族とは
前述のモコモ公国に住む獣人の種族です。
元々の身体能力が人間よりも高いうえ、「ウサギのミンクは跳躍力が高い」などそれぞれの動物の特性を持っています。
加えて触れた相手に電流を流すエレクトロという技も持っており、「生まれながらの戦闘種族」と言われています。
また、満月を見ると「スーロン(月の獅子)」という覚醒状態になり、高リスクではあるものの身体能力が飛躍します。

「チョッパーと話せない=ズニーシャは”動物の象”ではない」説

 

前述のように強力な種族と貴重なロードポーネグリフを背中に乗せたズニーシャですが、筆者は「ズニーシャの正体はくじらの樹に宿った誰かの魂」だと考えています。

その最大の理由は

  • ズニーシャとチョッパーは会話ができない

ということです。

ワンピース読者の皆様はご存じの通り、チョッパーはヒトヒトの実を食べたトナカイであり、これまでにも作中で動物たちと会話する様子が描かれていました。

しかし、象であるはずのズニーシャとはなぜか会話ができないのです。
そのためズニーシャが動物ではないということは、ほぼ確定していると思われます。

また、

  • 漢字表記が「象主」で、象そのものではなく象の”主”を指していると考えられる。
  • 「千年を生きる者」と表されているが、者という言葉は人間に対して使う。
  • モモの助のセリフ「くじらに近づくほど大きな”声”が聞こえるのでござる」
  • ロジャーとおでんが「巨大な何かにずっと見られてる様な」と話した回想シーンがくじらの樹のアップ

ということから、ルフィとモモの助が聞ける”声”は象ではなく、くじらの樹に宿った魂が発しているものだと考えられます。

空島でも「身縒木(みよりぎ)」という”先祖達の魂が宿る神聖な木々”が登場しており、「ポーネグリフを守るシャンディアと到達困難な空島」と「ロードポーネグリフを守るミンク族と到達困難なゾウ」という構図がとても似ているため、1000年を生きるズニーシャの謎が解ければ空島の謎も解けるのかもしれません。

象主(ズニーシャ)が1000年以上歩き続けている理由を考察

では次に、ズニーシャが1000年以上もの間歩き続けている理由を考察していきましょう。


ズニーシャが歩く理由は「大昔に罪をおかしたから」

まずこれまでのモモの助のセリフから

  • 大昔(800年前)に罪を犯したジョイボーイの仲間
  • その罪への罰として「ただ歩く事しかゆるされていない」
  • 「命令にしたがい続けてる」

ということが判明しています。


おすすめの記事