象主(ズニーシャ)が1000年以上歩き続けている理由を考察

では次に、ズニーシャが1000年以上もの間歩き続けている理由を考察していきましょう。

ズニーシャが歩く理由は「大昔に罪をおかしたから」

まずこれまでのモモの助のセリフから

  • 大昔(800年前)に罪を犯したジョイボーイの仲間
  • その罪への罰として「ただ歩く事しかゆるされていない」
  • 「命令にしたがい続けてる」

ということが判明しています。

これを踏まえ時系列をまとめると以下のようになります。

1000年以上前ズニーシャ誕生
1000年程前モコモ公国誕生
900年~800年前
(空白の100年)
ジョイボーイの仲間だった
800年前罪を犯す
恐らく同時期に歩き始める
現在命令を守り歩き続けているが、モモの助の命令により「戦う」という選択をした

果たして「罪」とはどんなものなのか、なぜ「罰」が歩くことなのか。
はっきりとした情報はありませんが、空白の100年とジョイボーイが関係してくることは間違いないでしょう。

ズニーシャに罰を与えたのは光月家?

 

では、ズニーシャに罰を与えたのが「誰なのか」について考察していきましょう。

現在一番可能性が高いのは「光月家」だと思われます。
その理由は

  • モモの助だけがズニーシャと会話できる
  • モモの助の命令であれば「歩き続けるという罰」を上書きできる

ということです。

先ほど考察したように、ズニーシャとは動物の象ではなくくじらの樹に宿る魂だと考えられます。
そして原作の時間軸では、万物の声を聞けるルフィと光月家のモモの助だけがズニーシャの声を聞くことができるのですが、ルフィからズニーシャに話しかけることはできません。

また、ズニーシャは800年にもわたって忠実に命令を守り続けており、事実、戦うという選択もモモの助に命令してくれと頼んでいました。

このことから、大昔にズニーシャに命令を下したのも「光月家」だったと考えられます。

ズニーシャの目的は「種の保存」?

仮にズニーシャに命令したのが光月家だったとして、「命令の目的」とは何だったのでしょうか。
筆者が考えるに、「守る」ことが目的なんだと思います。

これまでにワンピースで登場した光月家は、勇気と愛とカリスマ性を持つ人物ばかりでした。
ズニーシャが800年前に犯した罪というのがどれだけ重いものであったとしても、「はい、じゃあ罰として歩き続けてね」というのは少し違和感があります。

つまり、罰というのは付属の効果であって、「歩く」という行為そのものに意味があるのではないでしょうか。
そしてその守る対象というのが、ミンク族という「種族」と「ロードポーネグリフ」なのではないでしょうか。

「歩き続けることでミンク族(もしくはポーネグリフ)を守ってくれ。守っていることがばれないようになるべく戦わないでくれ」

もし、このように光月家にお願いされたのだとしたら?

  • 罪の意識があるズニーシャが、信頼できる光月家からのお願いを現在に至るまで忠実に守り続けていて
  • 守る対象であるミンク族が危機に瀕したことで、過去の命令と現在の状況を天秤にかけた結果、モモの助に命令を仰いだ

のではないかと考えられます。

象主(ズニーシャ)と関係の深いキャラクターを考察

次は、ズニーシャと関係の深いキャラクターたちを考察していきましょう。

ズニーシャとモモの助の関係

まずはズニーシャとモモの助の関係です。
前述したように、本記事では大昔にズニーシャに命令をだしたのは光月家だと仮定しています。
そして現在の光月家のトップはモモの助です。

つまり、原作の時間軸で唯一ズニーシャに命令をだせるのが、モモの助なのではないでしょうか。

妹の日和も光月家ではありますが、筆者は日和はズニーシャに命令をだせないと考えています。
その理由はしらほしの存在にあります。

しらほしは「海王類に命令を下せる」存在として、数百年に一度生まれてくる人魚です。
しらほしにも兄弟はいますが、この力を持っているのはしらほしのみです。

これと同様に日和は力を持たず、「ズニーシャに命令を下せる」存在として数百年に一度のタイミングで生まれてきたのがモモの助なのではないでしょうか。

大昔にズニーシャに命令をだした光月家も数百年に一度の人物だったため、その人物が死んでしまった後命令が解除されることはなく、今回再び数百年に一度のタイミングがやってきて命令を上書きできたと考えると辻褄が合いそうです。

ズニーシャとジョイボーイの関係

 

では次に、ジョイボーイとの関係を考察していきましょう。

まず本記事でもすでに触れているように、ズニーシャがジョイボーイの仲間だったことは確定しています。
ちなみに、ジョイボーイについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

ジョイボーイとは空白の100年(900年~800年前)に実在した人物です。
そしてズニーシャが罪を犯し歩き始めたのも800年前です。
このことから、ズニーシャの罪とはジョイボーイに関連しているものと思われます。

もう少し突っ込んで考察してみると、ズニーシャの罪は「ジョイボーイの死」に関連があるのではないでしょうか。

現在、ジョイボーイに関する情報はほとんど残されていないため、ジョイボーイとは恐らく空白の100年の”間”に存在した人物であり、「空白の100年が明けたころには”死亡している”」と思われます。

つまりズニーシャは「ジョイボーイが死んだのと同じタイミング(もしくは死後)」に歩き始めているわけですから、空白の100年に起こった大きな戦の戦犯のような位置づけの可能性もありますね。

おすすめの記事