【文スト】フョードル・ドストエフスキーとは?目的や異能の強さ、声優など解説
出典:「文豪ストレイドッグス」公式サイト

フョードル・ドストエフスキーとは、ロシア出身の異能力者で、異能集団「死の家の鼠」の首領です。

しかし、彼の経歴は謎に包まれており、異能の正体も不明。そして、その頭脳は太宰治に匹敵するほど優れています。

今回は、ドストエフスキーが何者で、彼が何の目的で動いているのかを解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】ドストエフスキーとは?


ドストエフスキーのプロフィール

 

  • 年齢:不明
  • 誕生日:不明
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 血液型:不明
  • 好きなもの:不明
  • 嫌いなもの:不明

 

ドストエフスキーは、とにかくすべてが謎に包まれた男です。

外見は、痩せた青白い顔をした男のようで、魂のない吸血鬼のような男と言われている程、気味の悪い雰囲気の男です。

神経質な性格なのかよく爪を噛んでいます。

衣装は、ロシア人がかぶっている毛皮の帽子(ウシャンカ)に、白い中華系の上下を着て、黒いマントを纏っています。

体はそれほど丈夫ではないのか、彼がマフィアに捕らえられた時、世話をしていた少年から「貧血男」と呼ばれていました。

また、趣味嗜好は定かではありませんが、音楽を好んでおり、音楽を聞いただけで曲名を当てることができ、自身もチェロを演奏することができます。


ドストエフスキーの性格

 

基本的に穏やかで、声を荒げるようなことをしませんが、目的のためなら手段を選ばず、魔人、奸智の権化と言われているほどの策略家です。

宝石を石ころと言い切ってしまうほど、金銭的なものに興味はなく、華やかで贅沢を好む「組合(ギルド)」の首領フィッツジェラルドとは対照的です。

これは資本主義を象徴しているフィッツジェラルドに対し、ドストエフスキーは社会主義を象徴しているようにも見えます。

その一方で、ギルドが一時的に崩壊した際、資産を横取りするなど抜け目ない一面があります。

演じている声優は?

ドストエフスキーを演じているのは、ベテラン声優の石田彰です。

「機動戦士ガンダムSEED」のアスラン・ザラ役や「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲル役で有名な声優です。

甘い声質のため、二枚目キャラを演じることが多い方です。

また「NARUTO」の我愛羅のようなライバルキャラや、Fate/Zero雨生龍之介ような悪役キャラも多く演じています。

アニメ本編では、ドストエフスキーが登場したのは第二期の最終話からですが、エンドクレジットでは声優の名前が伏せられており、第三期で石田彰が演じていることが明らかになりました。

【文豪ストレイドッグス】ドストエフスキーとは何者?


地下組織「死の鼠の家」の首領

 

ドストエフスキーが首領を務める地下組織「死の家の鼠」は、構成員や組織規模等が謎に包まれています。

太宰のセリフによると、北米のギルドほどの規模は大きくはなく、資金力もそれほどではないようです。

ただし、構成員の中には狙撃手もおり、ギルドほどではないにせよ、そこそこの規模は持っているようですが、共食いのエピソードの際、大半の人員を臨時に雇い入れていたことから、人材は基本的に現地調達のようです。

部下たちは?

 

ドストエフスキーの部下たちは、判明しているだけで現在3名ほどいます。

構成員の氏名は以下の通り。

  • イワン・ゴンチャロフ

長髪と頭にターバンのように巻いた布が特徴的な男で、ドストエフスキーを盲信しています。

ドストエフスキー同様、音楽を好んでいます。

能力名は「断崖」で、岩を巨人のようにしたり泥のように変えて操る能力です。

岩で創り出した巨人は、鶴岡政男の絵画「重い手」のような、独特の形状をしています。

  • アレクサンドル・プシュキン

小太りの男で、モヒカンのような髪型をしています。完全な小悪党で、ドストエフスキーに対する忠誠心は皆無です。

自身を「弱い人間」と考え、弱い者は何をしても許されるという歪んだ思想の持ち主です。

あきれ果てるほど卑屈な性格をしたキャラクターですが、名前の元になったプシュキンはドストエフスキーが敬愛するほどの大文豪です。

能力名は「黒死病の時代の饗宴」で、他者の体に寄生させるウイルス型の異能生物をあやつる能力です。

  • 小栗虫太郎

犯罪の隠蔽工作を行う「隠滅屋」という情報操作の専門家です。元々、ドストエフスキーの配下ではなく裏社会で働いていたところを、彼にスカウトされたのです。

政府に所属したこともあり、なんと、太宰治の犯罪経歴を抹消したのも彼なのです。

どことなくひねくれた一面があり、インテリ系の悪人を気取っていますが、実際は友達思いの男です。

能力名は「完全犯罪」で、ヒキガエルような形状をした、異能生命体をいくつも呼び出して犯罪の証拠を抹消させる能力で、探偵や警察にとって天敵とも言える能力です。


ドストエフスキーの目的

ドストエフスキーの目的は、フィッツジェラルド同様、ヨコハマのどこかにあるという、謎の力を持つ白紙の本です。

この本は、書いたことを現実化させる不思議な力を持った本です。ただし、整合性のある文章で書かれないと力を発揮させることができません。

フィッツジェラルドは、この本を使って死んだ娘を蘇らせようとしました。一方、ドストエフスキーは本を使って異能力者のいない世界を作ろうとしています。

ドストエフスキーが、なぜ異能力者のいない世界を作ろうとしているかは、まだ明らかにされてはいませんが、彼は異能に対してあまりいい感情を抱いていないか、もしくは、何かしらの理由があって人間は異能を持つべきではないという考えを抱いているのかもしれません。

【文豪ストレイドッグス】ドストエフスキーの強さとは?

異能「罪と罰」とは?

 

ドストエフスキーの異能は「罪と罰」という名前で、詳細は原作(22巻時点)でも、未だに明らかになっていません。

分かっているのは、ドストエフスキーがこの異能を発動させると、触れた人間が血を噴き出して死んでしまうということです。

考えられるのは、人体を内部から破壊する力であり、人気漫画「北斗の拳」に出てくる「北斗神拳」のように、体の一部をおかしくしたり、破裂させてしまうような能力なのかもしれません。

又、ドストエフスキーは、脳の一部を切除するロボトミー的な外科手術の技能を持っています。

実際。部下の一人である、イワン・ゴンチャロフは不幸を感じる脳の部位を切除しており、頭に布を巻いているのはその傷跡を隠すためです。


おすすめの記事