【呪術廻戦】虎杖香織を徹底解説!虎杖仁の妻&悠仁の母の香織は羂索に乗っ取られた?
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

呪術廻戦の虎杖香織は、虎杖仁の妻で悠仁の母親です。
主人公の母親ですが、羂索に乗っ取られて悠仁を出産した可能性が高く、さまざまな謎を持つ人物でもあります。

虎杖香織の正体や術式、羂索との関係などについて考察します。

【呪術廻戦】虎杖香織とは

虎杖香織のプロフィール

虎杖香織登場シーン
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

プロフィール
名前虎杖香織いたどりかおり
年齢不明
身長不明
体重不明
誕生日不明
術式反重力機構アンチグラビティシステム

虎杖香織は、呪術廻戦の主人公虎杖悠仁の母親です。
すでに死亡しており、どんな人物だったのかは全くわかりません

初登場時に、羂索に乗っ取られた人物そっくりの傷跡があることが判明し読者に衝撃を与えました。
さらに、術式があることも判明しています。

虎杖仁の妻で主人公・悠仁の母親

母親の記憶がない虎杖悠仁
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

香織は虎杖仁の妻で、呪術廻戦の主人公虎杖悠仁の母親でもあります。
しかし、雄二は両親ことをほとんど知らず、仁も香織も作中にほとんど登場しません。

悠仁は祖父が死の間際に、両親のことを話そうとしても興味がないの一言で済ませるほど両親に興味がない様子が描かれています。

現在まで特に触れられていませんが、雄二の両親に対する興味の無さは異常でしょう。
ここまで悠仁が、両親に興味を持たないのは本人や香織の正体と関係があるのかもしれません。

悠仁には母親の記憶が全くない

上下逆さまの両面宿儺と虎杖悠仁
出典:pixiv@時島シクカ

 

虎杖悠仁は、母親に対する記憶が全くないようです。
倭助は死の間際に両親のことを教えようとしていましたが、悠仁は聞こうとしませんでした。

その後も両親について詳しい情報は明かされず、断片的な情報が語られるだけです。
呪術廻戦24話では、吉野順平が悠仁に母親はどんな人か聞いていました

悠仁は会ったことがないから覚えていないと答えています
ただし、143話で乙骨憂太の攻撃で悠仁が刺された際に、過去回想で虎杖香織が初登場しました。

香織が登場した過去回想は悠仁の夢だったので、実際は思い出せないだけなのかもしれません。

【呪術廻戦】虎杖香織は羂索に体を乗っ取られた?

悠仁の父親・虎杖仁との子供ができる前に香織は死亡?

子供が欲しかった虎杖仁
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

香織は虎杖仁と結婚しましたが、子供が生まれる前に死亡したようです。
この事実は、呪術廻戦143話で判明しました。

仁の父親の倭助が、「仁と香織には子供ができなかった」「香織は死んだ」と言っているので間違いないでしょう。
倭助の話を聞いていた仁も、香織が死んだことは否定していません。

しかし、仁は息子の悠仁を抱いており、誰かとの間に子供ができたことがわかります。
さらに、死んだはずの香織が2人の前に現れます。

死亡後に現れた香織の頭には加茂憲倫と同じ縫い目が

加茂憲倫の頭には縫い目があった
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

143話で虎杖香織は、初めて登場します。
死んだはずの香織の額には、手術後の縫い目のような大きな傷跡がありました。

香織の縫い目は、羂索に乗っ取られた加茂憲倫の縫い目とそっくりです。
このことから、香織が羂索に乗っ取られたと予想されました。

ただし、縫い目が完全に塞がっているように見えたことから、香織は違う人物に乗っ取られたという考察もありました。
その後の発言で、羂索が香織の体を乗っ取ったことはほぼ確定しています。

加茂憲倫に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの記事