【呪術廻戦】釘崎野薔薇の死亡が確定!いつ、なぜ死んだのか?生き返るのかも考察!
出典:pixiv@しんゆ

「呪術廻戦」渋谷事変の死亡シーン以降、未だ姿を見せていない釘崎野薔薇。悲しむファンがいる中で、「もしや生き返るのでは?」と生存説が話題に。今回は、そんな釘崎野薔薇の生死について徹底的に考察していきましょう。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の死亡


釘崎野薔薇の死亡はいつ?(単行本14巻124話より)

 

「釘崎野薔薇が死亡した」とされているシーンは、渋谷事変(単行本14巻の124話、15巻の125・126話)でのこと。

釘崎野薔薇は、敵である真人(まひと)と対峙し、虎杖悠二と共に戦っている最中でした。


釘崎野薔薇はなぜ死亡した?(単行本14巻124話~15巻125・126話より)

 

124話で、虎杖悠二と一緒に真人を倒そうと奮闘していた釘崎野薔薇。

しかし、真人の入れ替わりの術に気付かず、加えて分身の術により真人の掌(てのひら)への警戒を解いてしまっていた釘崎野薔薇は、そのわずかな隙に真人の術式である「転変無為(てんぺんむい)」を受けてしまいます。

「転変無為」とは、触れた相手の肉体・魂の形を変形改造するという術式。

真人に触れられてしまった釘崎野薔薇は、124話で接触を受け、125話で顔面を吹き飛ばされ、126話でそのまま倒れてしまうのです。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇は生きている?

生存理由①「頭が無事」

 

124話~126話で釘崎野薔薇の顔面が吹っ飛ばされ、倒れたにもかかわらず、まだ生きているのでは?と生存説が読者の中でささやかれているのは何故なのか。

その理由のひとつとして挙げられるのが、「頭が無事である」ということです。

真人の術式・転変無為で攻撃を受けた釘崎野薔薇は、確かに顔面は大きく吹っ飛ばされているのですが、頭は良く見ると無事な様子。即死ではなく頭が無事だという事は、家入硝子の術式である「反転術式」で治せる可能性が高いのです。

これによって釘崎野薔薇の生存率は0ではないと言え、この先復活して現れるのでは、と話題になっているのです。


生存理由②「伏黒恵の反応」

 

また、生存しているのではと言われているもうひとつの理由が、「伏黒恵の反応」についてです。

渋谷事変を経て、伏黒恵と合流した虎杖悠二。「釘崎はどうなった」と伏黒恵に問う場面でのこと。

聞かれた伏黒恵は、神妙な面持ちで目線を下に向け無言で返します。その様子に虎杖悠二は、「…わかった」と答えるのですが、その反応が話題になっているのです。

「生きている」のならば即答してもよさそうですが、ただ伏黒恵は、「死んでいる」とも言ってはいません。ここで考えられるのは、「生きているが今は動けない」または「死んではいないが意識がない」の二つの可能性です。


おすすめの記事