【ワンピース】ロジャーは能力者じゃなかった!強さの秘密とは?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」の物語の始まりと言えるキャラ、海賊王ゴール・D・ロジャー。彼の能力については、連載当初からあらゆる考察がなされてきました。
しかし1047話で、ロジャーは無能力者だったと判明したのです。

そこで本記事ではロジャーの能力・強さについて、徹底的に解説していきます。

海賊王ゴール・D・ロジャーのプロフィール

ロジャーの懸賞金は史上最高額

ロジャー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

伝説の海賊王であり、大海賊時代の幕を開いた男ゴール・D・ロジャー。本作の主人公・ルフィが目指す、"偉大なる航路"最後の島「ラフテル」の名付け親でもあります。

海賊として最も偉大な存在である彼の懸賞金は、作品が始まって以来ファンの間では語り草となっていました。
そして原作957話にて、とうとう懸賞金額が公開されたのです。なんと55億6480万ベリー!
折角なので、四皇と呼ばれる海賊達と懸賞金を見比べてみましょう。

ゴール・D・ロジャー55億6480万
エドワード・ニューゲート50億4600万
カイドウ46億1110万
シャーロット・リンリン43億8800万
シャンクス40億4890万
マーシャル・D・ティーチ39億9600万
バギー31億8900万
モンキー・D・ルフィー30億

こうして並べて見ると、ロジャーという存在がいかに突出した存在だったか、伝わると思います。
しかも同じ50億代の白ひげは、ロジャーより22年も長く海賊を続けたはずなのに、5億も遅れをとっているのです。まさしく海賊王という称号が相応しいでしょう。

四皇については下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

ロジャーのモデルはウッズ・ロジャーズ

「ワンピース」で最も偉大な海賊であるロジャーには、モデルとなった偉大な船乗りがいます。それが1700年代にイギリスで活躍したウッズ・ロジャーズです。

しかし略奪行為を働く海賊としてではなく、海賊を狩るハンターとして初代バハマ総督の肩書きを背負っていました。黒ひげのモデルとなったエドワード・ティーチが占領していた、ナッソーの海賊共和国を制圧したことで知られています。

また世界一周も果たしており、まさしくロジャーのモデルと言える人物です。
しかし英雄として扱われることの多いウッズは、大罪人として処刑されたロジャーとは、対象的な人生にも見えます。

ロジャーは悪魔の実の能力者じゃなかった!

1047話で判明!

カイドウ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

史上最高額の懸賞金を誇るロジャーの能力は、連載開始時から多くの考察がなされてきました。

しかしワノ国編・原作1047話にて、無能力者であったことが明かされたのです!
海賊王と呼ばれる海賊ですから、当然強力な悪魔の実の能力を有していると考えていた方も、多いのではないでしょうか?かくいう筆者もその1人です。

しかし実際は猛者達を相手にロジャーは覇気の力だけで渡り合って、頂点まで上り詰めていました。原作966話にて描かれた白ひげとの戦闘でも、ロジャーは能力らしきものを一切使用していません。

また覇気を駆使し能力者とも戦うスタイルは、シャンクスの戦い方にも影響を与えているようにも感じます。

覇気の重要性

ルフィ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

実は、能力に頼らず覇気を極めることの重要さは、以前から読者の間でも論じられてきたことです。

そもそも、悪魔の実の能力は確かに強力ですが、力を得る=弱点を増やすことと同義です。特に海楼石による拘束は、覇気の使用すら妨げてしまうものになります。

基本的に能力者は、海に落ちた時は体に力が入りません。そのため海に落ちた時と同じ効力を持つ海楼石に拘束されると、覇気の使用が難しくなるようです。
実際原作935話にて、囚人として囚われたルフィが「覇気だけでも使えたら」と口にしています。

ですが、能力を得ずに"覇気"だけを極めたなら、どんな拘束も意味をなさなくなるでしょう。
実際レイリーが初登場した際は、難なく自分の首枷を外していました。

なので、カイドウの「覇気だけが全てを凌駕する」という言葉は、あながち間違ってもいないのです。

ロジャーの強さ・能力解説

おすすめの記事