【ワンピース】 ステューシーまとめ!正体や強さ、悪魔の実を徹底考察!
出典:「ONE PIECE」(C)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

1072話で正体が明かされ、話題となっているステューシー。しかし未だ謎に包まれている部分も多く、ルフィ達の味方とも言い切れません。

本記事ではそんなステューシーの、正体や能力について徹底解説・考察していきます!

【ワンピース】ステューシーのプロフィール

歓楽街の女王として君臨

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ステューシーは「ワンピース」の860話・ホールケーキアイランド編にて初登場しました。金髪のショートヘアーと、つばの広い帽子を被っているのが特徴です。
身長179cmと抜群のスタイルで、一目で美しいと分かるビジュアルをしています。また裏社会の帝王の1人で、「歓楽街の女王」と呼ばれています。

ホールケーキアイランドへ訪れた際には、住民から歓声が上がっており、大衆からの人気も非常に高いことが伺えます。

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ステューシーの実年齢は?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

その淡麗な容姿と清楚な振る舞いから、読者からも「かわいい」と人気のステューシー。しかし実年齢はかなり高齢であるとされています。

その根拠として、ホールケーキアイランド編のあるやりとりが挙げられます。原作862話において、シャーロット・プリンの花嫁姿を見たステューシーが、「昔の私を見てるみたい」と漏らしていました。
それに対してル・フェルドは「何十年前の話やネン」と返したのです。

またビッグ・マムを「リンリン」と呼び捨てにしていることからも、非常に付き合いが長い仲、もしくは歳が近いと考えられます。ビッグ・マムは68歳なので、そこからステューシーの実年齢は50代から60代だと考えられる訳です。

ビッグ・マムについては下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

モデルはマリリン・モンロー?

ステューシーはその美しさも相まって、巷では「ステューシーのモデルはマリリン・モンローではないか?」と囁かれています。

マリリン・モンローといえば美しいブロンドの髪が特徴の、50〜60年代のハリウッドを代表する女優です。その魅力的なスタイルから、「ハリウッドの最も永続的なセックスシンボル」とまで評されました。

ブロンドの髪、抜群のプロポーションという点は、確かにステューシーのモデルになったと言われても、不思議ではありません。

余談ですがマリリン・モンローは、ベガパンクのモデルとされるアインシュタインと交流があったという話も残っています。

実はCP0の一員!

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

裏社会の女王として君臨していたステューシーですが、その正体はCP-0の一員だったのです!
CP-0といえば、世界政府の諜報機関サイファーポールの最高位で、仮面の殺し屋とも呼ばれています。ステューシーもその例に漏れず、任務に忠実で冷酷な性格です。

例えば、先ほどまで親交を深めていたル・フェルドを、容赦無く撃ち殺し玉手箱を奪う。またその場面を見ていた「世界経済新聞」のモルガンズに情報操作を依頼するなど、抜け目のなさもあります。

CP-0として活動している際は、仮面をつけて任務にあたっています。仮面をつけているメンバーの実力は、「CP-0の中でも別格」とされており、ステューシーもかなりの猛者でしょう。

CP-0については下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

【ワンピース】ステューシーの正体はバッキンガムのクローン!?

本名はミス・バッキンガム・ステューシー

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

世界政府の手先として恐れられていたステューシーですが、1072話にて驚愕の正体が明かされました。なんとあの「白ひげの愛人」を自称するミス・バッキンの、クローンだったのです。

それと同時にバッキンの本名が、ミス・バッキンガム・ステューシーであること。そしてロックス海賊団との関係者だったことも判明し、驚愕した方も多いでしょう。

またその余りの見た目の違いにも、度肝を抜かれたはずです。
ステューシーの見た目は若い頃のバッキンのままのはずですが、余りにも現在のバッキンとはかけ離れています。時の流れとは残酷ですね。

MADSのクローン実験成功体第一号

血統因子
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

またステューシーは、MADSのクローン実験の成功体であったことも明かされています。
MADSといえば、あのベガパンクやシーザー、サンジの父であるジャッジも所属した科学者集団です。

そしてMADS所属時代に、ベガパンクが開発した血統因子が、ステューシー誕生の鍵となっています。
血統因子は「生命の設計図」とも呼ばれるもので、現実世界でいうDNAに近いものと言えるでしょう。この血統因子を利用することで、クローンが生成可能となります。

ジェルマ66の複製兵は、この技術を利用して制作されました。
また海軍のパシフィスタも、この技術が使われています。つまりステューシーは、これらクローン技術の最初の成功体ということになるのです。

ベガパンクについては下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

おすすめの記事