【ワンピース】最後の島「ラフテル」とは?行き方や何があるのか伏線から徹底考察!
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

最終章に入ってより盛り上がりを見せるワンピース。しかし、最終章で絶対描かれるラフテルの実情についてまだまだ明かされていません。

この記事では、ラフテルについて、徹底的に解説・考察していきます。

【ワンピース】ラフテルとは?

まずはラフテルについての基本情報についておさらいしていきましょう。

グランドラインの最後の島

ラフテル
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

ラフテルとは、グランドラインの最後の島です。

ラフテルの存在が初めて明かされたのは、双子岬でクロッカスからログポースをもらったときのことでした。
クロッカスの話によると、ログポースを辿っていけば、最終的にラフテルにたどり着くようです。

ラフテルにたどり着けたのはロジャー海賊団だけ

ロジャー海賊団
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

グランドラインの最後の島であるラフテルにたどり着けたのは、800年間の中でロジャー海賊団だけと言われています。
なお、ロジャー海賊団は現在から25年前にラフテルにたどり着きました。

そして、ラフテルにはひとつなぎの大秘宝(ワンピース)があります。
ロジャーは公開処刑される際、「この世の全てをそこに置いてきた」と発言していますが、この「そこ」とはラフテルのことであり、ひとつなぎの大秘宝を置いてきたと考えられます。

【ワンピース】ラフテルの意味とは?

次に、「ラフテル」という意味について深堀りしていきます。

ラフテルの意味は笑い話

ラフテル
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

グランドラインの最後の島を「ラフテル」と名付けたのは、ロジャーであることが明らかになっています。
「ラフテル」という名前の由来は「笑い話」です。
ラフテルで見つけたひとつなぎの大秘宝と世界の全てを知ったロジャーは、涙が出るほど笑っていました。
ここから、「笑い話」を英語にした「Laugh Tale」を元に「ラフテル」と名付けられました。

太陽の神ニカとラフテルの関係

ギア5になったルフィ 覚醒
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

ラフテルの由来が「笑い話」であることから、太陽の神ニカとラフテルに関係があるのではないかと考えられます。

太陽の神ニカとは、ワンピースの世界でまことしやかに伝わっている伝説の戦士です。
またフーズ・フーによると、太陽の神ニカは「太古の昔に奴隷たちが信じ、人を笑わせ苦悩から開放してくれる伝説の戦士」だと言われています。

つまり、「笑い」という共通点から、太陽の神ニカとラフテルには何らかの関係性があると考えられます。

ビンクスの酒とラフテルの関係

ビンクスの酒
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

ビンクスの酒とラフテルにも関係があると考えられます。

ビンクスの酒とは、海賊の伝統的な楽曲です。
このビンクスの酒の歌詞の最後は「果てなし あてなし 笑い話」と締められています。

「笑い話」というキーワードが入っているということは、ラフテルと無関係ではないでしょう。
実際、ビンクスの酒の歌詞は、作者である尾田栄一郎先生が書いています。
つまり、尾田先生は意図的に、「笑い話」というキーワードを歌詞に入れているのではないでしょうか。

【ワンピース】ラフテルへの行き方は?

次にラフテルの行き方について、現状わかっていることをまとめていきます。

双子岬のクロッカスのヒントはデマ

ラフテル
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

先述したように、ラフテルへの行き方は、双子岬にてクロッカスが教えてくれていました。
クロッカスのヒントによると、ログポースを辿っていけば、ラフテルにたどり着くとされていました。

しかし、このヒントはデマだったのです。

ゾウ編にて、ログポースの終着点は、ラフテルではなく水先星(ロードスター)島であることが明らかになりました。
実際、ロジャー海賊団は、水先星島にたどり着き、真の最終地点が別にあることを知り、冒険を大きくやり直しています。

ロードポーネグリフを4つ集める必要がある

ロードポーネグリフ
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

ロジャー海賊団は、ラフテルにたどり着くためには、ロードポーネグリフを4つ集める必要があることに気が付きました。

ロードポーネグリフとは、通常のポーネグリフとは違い、赤色をしています。
このロードポーネグリフに記された地点の4つを結び、その中心に浮かび上がるのがラフテルなのです。

そのため、現在、ラフテルに行くためのロードポーネグリフ争奪戦が行われています。

ポーネグリフについては、下記の記事で詳しく解説していますので是非チェックしてみてください!

ラフテルには簡単に行けない

ラフテル
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

ロードポーネグリフにてラフテルの地点が浮かび上がるとはいえ、大航海時代であり多くの海賊たちが渦巻く今、偶然誰かがラフテルにたどり着く可能性もあるのではないでしょうか。

しかし、現状、ロジャー海賊団以外誰もたどり着けていないようです。
ここから、ラフテルは簡単に行ける場所にないことが分かります。

それは、何かが阻んでいるため行けないのか、はたまたルフィたちのいる青色の星にない可能性もあるでしょう。

おすすめの記事