【推しの子】ルビーが闇堕ちした理由は?その後ルビーは覚醒する?
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

目次

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

星野ルビーは、【推しの子】の主人公星野アクアの双子の妹です。
元々はアイドルを目指す天真爛漫な性格でしたが、途中から闇堕ちしてしまいます。

ルビーが闇堕ちしたのは何巻何話か、闇堕ちした理由などについてまとめました。

【推しの子】星野ルビーのプロフィールと性格・声優について

星野ルビーのプロフィール

将来性を評価されるルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

プロフィール
年齢16歳(第三章恋愛リアリティショー編時)
身長158cm
学校陽東高校芸能科
職業アイドル
声優伊駒ゆりえ

星野ルビーは伝説のアイドル星野アイの娘で、【推しの子】の主人公星野アクアの双子の妹です。
前世は病弱な少女で、憧れのアイドルアイの娘に転生しました。

母親譲りの抜群のルックスに加えて、天性の演技とダンスの才能を持っています。
歌唱力はカラオケで45点を取るほど下手ですが、アイドルとしての素質は抜群です。

母親のようなアイドルを目指して、高校に入ってからアイドルとしてデビューしました。

元々は天真爛漫な性格

キツイ筋トレも楽しそうにこなすルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

闇堕ち前の星野ルビーは、何事もポジティブに楽しむ少女でした。
双子の兄の星野アクアが感情を表に出さないのに対して、思ったことや感情をそのまま表に出す性格です。

アクアが母親アイの復讐を考えていたの対して、ルビーは犯人が生きていると知らなかった点がルビーを天真爛漫な性格にしたのでしょう。

前世のさりなは12歳の少女でしたが、病弱だったためにあまり人生経験がありません。
ルビーは幼稚園の遊具を思いきり楽しんでいましたが、前世では普通の子供のように遊んだ経験がなかったのかもしれません。

転生前の姿はさりな!アイドルに憧れる難病の少女

生まれ変わりの夢を語る天童寺さりな(ルビー)
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

転生前のルビーは、天童寺さりなという名前で「退形成性星細胞腫」という難病でした。
難病でほとんど動けないさりなでしたが、ドルオタで星野アイに強い憧れを抱いています。

アクアの前世であるゴローとも縁があり、研修医時代のゴローはさりなに親身に接していました。
病気が治ることはなく、さりなは12歳で死亡しています

アイを見て、生まれ変わったらこの顔が良いと言っていましたが、本当にアイそっくりの娘に転生しました。

ルビーの声優は伊駒ゆりえ

星野ルビーのインタビュー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

星野ルビーを演じている声優は、生駒ゆりえです。
生駒ゆりえは、2021年10月に81プロデュース登録になったばかりの新人声優です。

レギュラー役は【推しの子】が初めてですが、演技力の高さと新人らしい雰囲気がルビーに合っていたことから抜擢されました。

アニメ【推しの子の】第1話から、十分な演技力を見せたことでファンの間でも話題になりました。

【推しの子】ルビーが闇堕ちしたのは何巻何話?闇堕ちの経緯と理由

8巻74話でルビーが生まれた宮崎県高千穂へ

宮崎県高千穂に来たルビーとアクア
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

【推しの子】8巻74話で、ルビーはB小町のMVを撮影するために宮崎県高千穂に向かいます。
宮崎県高千穂は、ルビーとアクアが生まれた土地で前世の2人が死亡した場所でもあります。

2.5次元舞台の慰安旅行も兼ねていたため、アクアと黒川あかねも同行していました。

8巻77話でゴローとの再会を夢見た直後に遺体を発見

ゴローの遺体を見つけるルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

【推しの子】8巻77話ではルビーは、カラスに宿のカギを取られてしまいます
あかねと一緒にカラスを追いかけながら、ルビーはゴローへの想いを話します。

ゴローにもう一度会いたいと言っていたルビーですが、カラスが隠れた祠の中でゴローの遺体を発見

ゴローの遺体だと受け入れられないルビーですが、ゴローに渡したB小町のプレートを見てその場に崩れ落ちてしまいます。

8巻79話で謎の少女に会って犯人に復讐を誓う!目の星が黒く覚醒!

両目に黒い星が浮かぶルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

【推しの子】8巻79話では、アクアとルビーの転生を知る謎の少女がルビーの前に登場。
謎の少女はゴローがいなくなった日に、2人の不審者がいたことをルビーに教えます。

さらに不審者のうちの1人は、アイを殺したストーカーと同一人物だったことも判明しました。
ルビーは、ゴローとアイを殺した犯人が生きていることに気づきます

目の中の星が黒く覚醒したルビーは、「絶対に殺してやる」と犯人への復讐を誓います

8巻80話でアクアが犯人を捜していると気づく

アクアが犯人を見つける様に願うルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

【推しの子】8巻80話でルビーは、あかねにアクアが役者になった理由を知らないか聞きます。
あかねは芸能界にいる誰かを探すために、役者になったと思うと答えました。
ルビーはアクアが犯人を捜していると確信

芸能の神を祀った荒瀬神社に来たルビーは、早く売れるようになることとアクアが犯人を早く見つける様に願掛けします。

元々ルビーは心に闇を抱えていた可能性が高い

心の闇を覗かせるルビー
出典:『推しの子』(C)赤坂アカ・横槍メンゴ/ 集英社

 

【推しの子】8巻で闇堕ちしたルビーでしたが、元々心に闇を抱えていた可能性が高いです。
ルビーは、元々アクアの異性関係に対して冷たい面を見せています。

ほとんどはギャグ的な描かれ方ですが、アクアがあかねと一緒に夜遅く帰ってくると聞いた際は普段からは考えられない冷たい目をしていました。

「お兄ちゃんは高校生の子相手に子供ができるような真似しない」「してたら心の底から軽蔑する」と発言
その上で、「私はお兄ちゃんの子と信じてる」からと言っています。

アイが16歳で出産し父親がどこの誰かわからないことが、アクアに対するルビーの態度に繋がっているのでしょう。

アイは子供がいることを隠していたせいで、ストーカーに殺されました。
ルビーは、アイを妊娠させた父親を最初から恨んでいたのかもしれません。

おすすめの記事