【ワンピースネタバレ考察】青キジは完全に闇オチしていない!?青キジが黒ひげ海賊団に加入した目的考察
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

黒ひげ海賊団に加入していた青キジ。これまでは、実はSWORDで潜入しているなどと考察されてきましたが、1081話にてこの考察が覆されました。

今回は青キジが黒ひげ海賊団に加入した目的を考察していきます!

青キジは自分の意志で黒ひげ海賊団に加入

青キジと黒ひげ
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

まずは、青キジが黒ひげ海賊団に加入した経緯について解説していきます。

SWORD説は否定された

これまで、青キジが黒ひげ海賊団に加入した理由として、「実は青キジはSWORDであるから」という考察がありました。

というのも、海軍を脱退して海賊になった例として、ドレークの存在があるからです。
ドレークは海軍を脱退し、百獣海賊団の飛六胞として行動していました。
しかし、この行動はSWORDとしての潜入活動だったのです。

この一連の流れがあったため、青キジに関しても、海軍を抜けて黒ひげ海賊団に入ったのは、潜入活動が目的だったと考察されていました。

しかし、第1081話にてこのSWORD説は否定されたのです。

黒ひげと意気投合

第1081話にて、青キジと赤犬の戦いから1年後の青キジが描かれました。
当時青キジはどこの組織にも属しておらず、プラプラしている様子でした。

そんな中、青キジは黒ひげ海賊団のサンファン・ウルフを氷漬けにし、あわや戦闘が始まることになります。
しかし、その後青キジと黒ひげはお酒をきっかけに意気投合します。

そして、利害が一致したのか、青キジは黒ひげ海賊団に加入したのです。

かつての仲間にも攻撃

青キジが黒ひげ海賊団に潜入目的ではなく、加入したことに信じられない方も多いでしょう。
しかし、核心付けるシーンも第1081話で描かれました。

なんと、青キジはかつての仲間である海軍のひばりを氷漬けにしてしまったのです。
もちろん、2人に接点がない可能性もありますが、そうすると青キジはSWORDと無関係であることが明確になります。

さらに、青キジはかつての師匠であるガープと交戦を始めるようです。
これは、青キジが海軍と関係を断っていることの証明になるでしょう。

青キジは闇オチしたわけではなかった?

青キジ
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

次に、青キジの思惑について解説・考察していきます。

おすすめの記事