【ワンピースネタバレ考察】空白の100年で世界は一度水没した!?その可能性を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

1089話で消滅したルルシア王国の跡に、巨大な穴ができたことが判明しました。
大穴はマザーフレイムの実験で開いたようです。
更に古代兵器によって、世界が一度水没した可能性もでてきました。

空白の100年に世界が水没した可能性について考察します。

ルルシア王国に開いた大穴が世界に与える影響とは?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ルルシア王国のあった場所に大穴が開いたことが判明

1089話で消滅したルルシア王国があった場所に、大穴が開いていることが判明しました。
島が丸ごと消えただけでなく、底が見えない穴が開いたことで謎の攻撃による異様さが増したといえます。

海に開いた大穴に水が流れ込んで、滝を形成している様子はエ二エス・ロビーの大穴にそっくりです。
大穴の調査も行われていますが、船が吸い込まれる危険があるからか近づくのは難しいようです。

ただ、ルルシア消滅は当然報道されていないようで、調査を行っているのがどんな勢力なのか気になります。

地震と海面上昇で世界中がパニック

ルルシア王国が消滅した6日後には、巨大地震と海面上昇で世界中でパニックが起きていました。
地震は世界中に及び、前例がないほど広範囲が揺れたようです。

地震で揺れるゴア王国やワノ国、ウォーターセブンが描写され、懐かしいキャラクターも登場しています。
揺れながら平然と立つイム様の姿も描かれました。

地震の影響で海面は1メートル上昇し、いくつもの海岸や島が海に飲み込まれたようです。
フーシャ村では海が荒れ、漁に出られない様子も描かれています。

地震と海面上昇は大穴が開いたせい?

巨大地震と海面上昇は、ルルシア王国が消滅した後に大穴ができた影響と考えられます。
ルルシア王国が消滅した6日後に巨大地震が起こり、その影響で海面上昇しました。

地震との関連は不明とされていますが、ルルシア王国の跡にできた大穴と世界がパニックになる様子が同時に描かれているのが意味深です。

底が見えないほど巨大な穴を開けた攻撃が、地殻変動の原因になったのでしょう。
地震の震源地は、特定できなかったとさえています。

しかし、ルルシア王国への攻撃は隠蔽されていので、震源地などの情報自体が隠蔽された可能性もありそうです。

ルルシア王国の穴とエニエス・ロビーの穴の関連性

島が浮いたように見えるエ二エス・ロビーの大穴
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ルルシア王国の大穴とエニエス・ロビーの大穴は同じもの?

ルルシア王国の跡にできた大穴とエニエス・ロビーの大穴は、同じ種類の力でできた可能性が高いです。
エニエス・ロビーの中央の海には、底が見えない巨大な穴が開いています。

ワンピースでは異常な気象や自然現象が描かれますが、基本的に自然現象として解説されています
しかし、エ二エス・ロビーの大穴が、どうやってできたのかは何の説明もされていません

エ二エス・ロビーの穴には、何か秘密があると考えるのが自然です。
ルルシア王国の跡にそっくりな大穴が出現したので、同じ原理で開けられた可能性が高くなりました。

おすすめの記事