【チェンソーマン】狐の悪魔は面食いで使えない!?コンの能力や契約について徹底解説
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

狐の悪魔は早川アキの契約悪魔で、他のデビルハンターとも契約しています。
敵に攻撃が効かなかったり、途中から呼び出せなくなったこともあり、使えない悪魔と言われているようです。

狐の悪魔の能力や契約者について解説します。

チェンソーマンに登場する狐の悪魔とは?

早川アキの契約悪魔

 

狐の悪魔は、早川アキの契約悪魔で名前はコンといいます。
外見は本物の狐に似ていますが、体中に複数の目を持っているのが特徴です。

また、頭部だけでも人間よりもはるかに大きく、かなりの巨体で他の悪魔を丸呑みにするシーンもあります。
公安の管理下にある悪魔で本体は京都にあり、人間に対して友好的な性格とされています。

多数の公安のデビルハンターと契約しており、判明しているだけでも5人の契約者がいます。

早川アキに関しては以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は是非チェックしてみてください。

性別は女性で契約できるのは男性のみ

 

狐の悪魔の性別は女性であり、契約できる人間は男性のみです。
狐の悪魔は登場するとしゃべるシーンが多いですが、言葉遣いも女性的になっています。

狐のハンドサインを作ってコンと呼びかけると召喚できる

 

狐の悪魔を呼び出す際は、手で狐の形のハンドサインを作ってコンと呼びかけると召喚できます。
召喚するのは狐の悪魔の体の一部で、ハンドサインを頭の形にすると頭部、ハンドサインを前足の形にすることで前足を召喚。

また標的に向けて、ハンドサインを作ることで攻撃する相手を指定できます。

狐の悪魔の能力・強さ・契約条件は?

巨体を活かして頭部による噛みつきや足による攻撃を行う

 

狐の悪魔は頭部を使用した噛みつきや足による攻撃を行います。
単純な攻撃ですが、狐の悪魔は巨体なのでかなりの威力があります。

人間程度の大きさの悪魔なら噛みついた後に、丸吞みにしてしまうために並みの悪魔なら即死させることが可能です。

1回の召喚で一度の攻撃しかできないため、攻撃を防がれたり、避けられたら、攻撃するために細動の召喚が必要になります。

また、相手が強力な場合は、飲み込んだ際に身体の内部から攻撃を受ける場合リスクもあります。

面食いなので頭部を召喚できるのはイケメンのみ

 

狐の悪魔は、面食いでイケメンのデビルハンターしか頭部を召喚できないとされています。
早川アキは、作中で狐の悪魔の頭部しか召喚していません。

イケメンが足を召喚できるのかは不明ですが、デビルハンターが頭部を召喚するか足を召喚するかで狐の悪魔がイケメン判定しているかどうかがわかります

契約条件は身体の一部を食べさせる

 

狐の悪魔との契約条件は、契約者の体の一部を食べさせることです。
髪の毛や皮膚を食べさせることが多く、最初に呼び出された際はアキの手の皮膚が代償でした。

呼び出す毎に代償を差し出す必要がありますが、1回ごとの代償は比較的軽いと言えるでしょう。

おすすめの記事