【チェンソーマン】マキマの正体は支配の悪魔?本性や目的、能力をネタバレ解説!
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ミステリアスな雰囲気と思わせぶりな言動で、デンジだけでなく多くの登場人物を魅了したマキマ。
その衝撃的な正体には多くの読者が度肝を抜かれました。

今回はそんなマキマの正体や目的、能力などを徹底解説していきます。

【チェンソーマン】マキマとは何者?

マキマのプロフィール

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

マキマは公安対魔特異4課のリーダーを務めるデビルハンターで、主人公デンジの上司に当たる存在です。

また内閣官房長官直属のデビルハンターでもあり、その立場上契約している悪魔の情報は秘匿されています。
素性に関しても、年齢、身長、体重など一切が不明になっており、掴みどころのない人物です。

唯一判明しているのは趣味の映画鑑賞。
作中では映画を見て泣く描写も見られ、掴みどころのないマキマの素顔が垣間見えます。

赤髪が特徴的なミステリアス美人!

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

マキマは『チェンソーマン』作中で特別美人な存在として描かれており、長い赤髪と吸い込まれそうな円状の瞳は見る人を釘付けにします。

更に面倒見のいい性格と、自分のことは見せたがらないミステリアスな一面。
これらの要素から、マキマを「追いかけたくなる女性」と評するファンは多くいます。

実際作中ではデンジやアキを始め、多くの人物がマキマに惹かれていました。

手段を選ばない冷酷な一面も?

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

基本的には優しい性格をしているマキマですが、時折冷酷な一面を覗かせることもあります。

例えばヤクザを脅すために、組員関係者の目玉を繰り抜き手土産にするなど、目的のためなら手段を選びません。

また自身の目的のため、ヤクザによる特異課襲撃を分かってて見逃すなど、味方すら切り捨てる一面もあります。
そんな冷酷な一面を知ってか知らずか、パワーのようにマキマへ恐怖を抱いている人物も少なくありません。

【チェンソーマン】マキマの正体は支配の悪魔!【ネタバレ有り】

単行本9巻75話で判明

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

長らくベールに包まれていたマキマの素性ですが、『チェンソーマン』第1部終盤にて判明します。

その正体はなんと「支配の悪魔」
原作75話にてマキマを恐れた合衆国大統領の口から、その正体について語られました。

根源的恐怖に由来する悪魔で、その実力は作中トップクラス。
大統領が「銃の悪魔」に合衆国の全国民1年分の寿命を捧げてまで倒そうとしていることから、その力がどれほど強大か分かるでしょう。

目的は世界平和!?

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

「最悪の未来をもたらす」とされたマキマですが、彼女の目的は「より良い世界を作ること」。

そのために、死や戦争、飢餓など人を不幸にするものを無くそうと企んでいたのです。
これだけだと、とても「最悪」をもたらと、大統領に恐れられた悪魔の思考とは思えません。

しかし、マキマの言う「不幸にするもの」は、あくまでマキマの価値観によって決められます。
つまり、他人にとって大切でも、マキマが気に入らなければ消されてしまう可能性があるということです。

こう考えるとマキマの理想は善意から来るものではなく、ただ「自分の理想とする世界を作りたい」という子供じみた願望と言えるでしょう。

目的のためにチェンソーマンの力を欲していた

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

ですがマキマといえど、「存在そのものを消す」能力までは保持していません。
そこでマキマが欲したのがチェンソーマンの能力でした。

チェンソーマンには「食べた悪魔の由来となった概念を消し去る」という唯一無二の力が備わっています。

例えば「ナチス」や「核兵器」といった概念は既にチェンソーマンによって抹消され、作中ではマキマだけがかろうじて覚えている状況でした。

そんな能力をマキマが自由に振るうには、チェンソーマンを支配することが必要不可欠
そのためにデンジに近づき、デンジがチェンソーマン=ポチタと結んだ契約を破棄させるため、様々な裏工作を行ったのです。

おすすめの記事