【ワンピースネタバレ考察】黄猿はルフィの天敵!?黄猿の強さについて考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

海軍最高戦力・大将の1人である黄猿。
ピカピカの実の能力を用いた戦闘スタイルで、他の大将とはまた違った強さを発揮しています。

今回はそんな黄猿の強さについて考察していきます。

黄猿の能力は暗殺向き?

破壊力は他の大将に劣る

クザン サカズキ 決闘
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

まず黄猿の能力で特筆すべき点は、他の大将の能力と比べると破壊力では劣るということです。

旧大将の赤犬や青きじの、気候を変えてしまうような天変地異レベルの能力。
新大将である緑牛のモリモリや藤虎のズシズシなど、規格外の破壊力を誇るメンバーの中では、ピカピカの破壊力は少し見劣りします。

逆に言えば、破壊力が高過ぎないため、使う場所を選ばない汎用性の高い能力であると言えるでしょう。

光速移動でいかなる場所にも潜入可能

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

黄猿の能力は使う場所を選ばない汎用性だけでなく、潜入能力の高さも有しています。

エッグヘッド編ではピカピカの能力を用いて、レーザー網を潜り抜け光速でエッグヘッド内部に侵入していました。

勿論光なので眩しさで侵入されたことには気づきますが、光速で移動するため捉えるのは容易ではありません。

黄猿が戦闘する気だったため途中で戦闘丸にかまったりしましたが、その気になれば一瞬でベガパンクの元に辿り着いていたでしょう。

光を用いた分身も可能

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

更に黄猿は能力を用いた分身を行うことが可能です。

この状態でも能力を用いた攻撃が可能で、それ自体でも非常に強力なものになっています。
しかし、黄猿の凄いところはこの分身を囮として使うところです。

作中では分身をフェイクとして、ルフィとの戦闘を行わずに一気にウソップたちに近づいていました。

こうして見ると、ピカピカの能力は敵と無駄な戦闘を行わず、一気にターゲットへ近づける暗殺向きの能力となっています。

黄猿はルフィの天敵?

おすすめの記事