【ワンピースネタバレ考察】暴君の異名は嘘⁉くまが七武海になった理由などを考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ついに過去編でボニーが登場することになり、ボニーが病気だったという意外な事実が判明しました。
しかし、そのことでくまが七武海入りし、サイボーグになった理由も見えてきました。

くまが七武海になった理由や不自然な経歴について考察していきます。

くまに関して判明した事実

ボニーを育てることを決めたくま
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ジニーが天竜人の妻にされ病気で死亡

1098話でジニーが天竜人の妻にされ、病気で死亡するという衝撃の展開になりました。
1097話のラストでジニーが攫われていましたが、犯人は天竜人だったと判明。

ジニーは無理やり天竜人の妻にされたようですが、しばらくしてから下界に戻ってきました。
しかし、ジニーは青玉麟という不治の病に侵されており、そのせいで天竜人に捨てられたようです。

青玉麟は光が当たると皮膚が石のように変化する病ですが、ジニーはボニーのために無理をしてくまの教会に戻ってきました。

ジニーは病状が進行したせいで、全身の皮膚が石化して亡くなったようです。

ボニーがくまの実の子でないことが確定

1097話でボニーが、くまの実の娘ではないことが確定しました。
下界に戻ってきたジニーは娘を連れており、その子がボニーでした。

ボニーは、天竜人とジニーの間に生まれた子供の可能性が高いです。
ボニーがジニーの子供ではない可能性もありますが、くまの実子ではないことは確実になりました。

くまは病気のボニーのために革命軍を抜けていた

くまは、ジニーと同じ病気になったボニーと一緒にいるために革命軍を抜けていました。
くまはボニーを引き取ることに決め、革命軍を続けながら本当の父親のように育てます

しかし、成長したボニーはジニーと同じ青玉麟に侵されてしまい、日光を浴びることもできない体に

くまは病気になったボニーと一緒に過ごすために、革命軍を辞めることを決意。
ドラゴンは世界中の医者に声をかけると言い、くまが抜けることを許可します。

くまのサイボーグ化に関する考察

ボニーは10歳まで生きられないと言われていた
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

くまがサイボーグになったのはボニーの病気を治すため?

くまがサイボーグになることを受け入れたのは、ボニーの病気を治すためである可能性が高いです。
くまがサイボーグになることを受け入れたのは、ボニーが関係していると考察されていました。

青玉麟は多くの医師が見たこともない病気で、治療法が発見されていない病気だということです。
しかし、現代ではボニーの青玉麟は治っていると思われます。

世界政府はボニーを治療することと引き換えに、くまをサイボーグ化し七武海にしたのではないでしょうか。

ボニーは子供の頃にエッグヘッドに来たと言っており、ベガパンクのことを良く知っていました。
ベガパンクが、ボニーを治療した可能性が高いです。

バッカニア族の特性がパシフィスタに利用されている?

バッカニア族の特性が、パシフィスタに利用されている可能性もありそうです。
バッカニア族は体が大きく力は強いですが、特殊な能力があるようには見えません。

ただ、バッカニア族は特殊な種族であり、何らかの特性がある可能性が高いと考えられます。
セラフィム以外のパシフィスタは、くまそっくりです。

ほとんどのパシフィスタはくまのクローンの可能性が高く、バッカニア族の肉体がパシフィスタのベースになっていると考えられます。

最新型のセラフィムを含めて、パシフィスタにはバッカニア族の特性が取り入れられていそうです。

おすすめの記事