【ワンピースネタバレ考察】五老星は人間ではなく悪魔?五老星の正体を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ワンピース1104話でサターン聖がくまに殴られましたが、その後のベガパンクとのやり取りは違和感のあるものでした。
過去のセリフなども考察すると、五老星は人間ではない可能性が見えてきます。

今回の記事では、五老星の正体について考察します。

最新話でサターン聖から感じる違和感

ベガパンクが約束(契約)を破ったことをサターン聖が非難

ワンピース1103話では、サターン聖がベガパンクがくまに自爆装置を付けていなかったことを非難しています。

これには自我が無くなったはずのくまが勝手に行動して、自分を攻撃しようとした非難も含まれているでしょう。

いくらベガパンクが政府の科学者とはいえ、すでに争っている状況で相手が約束を破ったことを非難するのは少し不自然さを感じます。

ベガパンクの答えに妙な一言で納得

サターン聖の非難に対してベガパンクは、そう思われても仕方ないと言った上で「愛ゆえと説明してもよいが」と発言

それに対してサターン聖は、「成程…それは人類の盲断及び不具合である」と答えました
ベガパンクの意志ではないと納得しているような妙な一言で、サターン聖の怒りも感じられません。

普通ならもっと見下した感じで読者に嫌悪感を感じさせるセリフになりそうですが、人間を理解できない存在が話しているような印象を受けます

五老星は天竜人ではない可能性を考察

外見や態度が一般的天竜人とは明らかに違う

五老星は、一般的な天竜人と比べると外見や態度が明らかに違います。
天竜人は宇宙服のようなものを身に着けており、奴隷に跨って移動するほど怠惰です。

五老星は基本的にスーツを着ており、現実にいてもおかしくない服装をしています、
体格も良く戦いで負ったような傷があるため、とても天竜人として生活してきたようには見えません

五老星は不老説もあり、世界政府を作った最初の20人の生き残りとも言われています。
最初の20人の生き残りなら、天竜人らしくないのは当然かもしれません。

ただ、五老星が最初の20人だとすると不自然な発言があります。
まずは、五老星が不老である根拠を挙げていきます。

何百年も生きている?

五老星は作中の描写から、何百年も生きている可能性が高いです。
少なくとも22年前から全員が現在と同じ姿で、サターン聖は38年前から外見が変わっていません

ワンピース1037話では、ゴムゴムの実が覚醒しそうに時に五老星は以下のような発言をしています。

  • もはやあの実は我々にとっても伝説
  • 過去何百年も覚醒する事などなかった
  • なぜ「世界政府」はわざわざあの実にもう一つの名前を与えた

五老星は、実際にゴムゴムの実が覚醒しなかったのを数百年間見てきたから、このような発言をしたと思われます。

不老と思われるが最初の20人ではない可能性が高い

1037話の発言は、五老星は世界政府がゴムゴムの実と名付けたことに関与していないようにも聞こえます。

五老星は自分たちを「我々」と言った直後に、「「世界政府」はわざわざあの実にもう一つの名前を与えた」と発言しました。

明らかに、自分達とゴムゴムの実の名前を付けた世界政府を区別した言い方です。
寿命の短い普通の人間なら、その当時は生きていないので不自然ではありません。

しかし、五老星が世界政府を作った最初の20人だとすると、明らかに不自然な発言です。

これらの発言から五老星は不老ではあっても、世界政府を作った最初の20人とは別人と考えられます。
天竜人らしくない上に、最初の20人でもない五老星は天竜人ではないのかもしれません。

おすすめの記事