【ワンピースネタバレ考察】世界政府は関係ない⁉世界が海に沈む理由を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピース1113話でベガパンクはメッセージを話し始め、世界が海に沈むと言い出しました。
意外な内容ですが、世界が海に沈むことはジョイボーイの出現とも関係があるかもしれません。

世界が海に沈む理由や空白の100年との関係などについて考察します。

ベガパンクのメッセージに関する最新話の展開

世界は海に沈むと語り始めるベガパンク
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

マーズ聖はメッセージの発信源を特定できない

1113話でも、マーズ聖はベガパンクのメッセージの発信源を見つけることができていません。
マーズ聖はベガパンクの電伝虫を破壊しましたが、メッセージの発信源ではありませんでした。

マーズ聖はベガパンクが電伝虫を使ってメッセージを発信していると考えていますが、電伝虫の反応が多すぎて発信源を特定することができないようです。

ここまで電伝虫の数が多いと、逆に電伝虫がメッセージの発信源ではない可能性もありそうです。

ベガパンクのメッセージの結論は「世界が海に沈む」

1113話でベガパンクはメッセージの結論を話し、「この世界は海に沈む」と発言しました。
ようやくメッセージを話し始めたベガパンクですが、いきなり結論から入っています。

世界政府の悪行や空白の100年に関する真実が明かされると期待されていましたが、かなり意外な結論でしょう。
とはいえ、これから空白の100年に触れる可能性は十分にあるので、どんな内容が話されるのか気になるところです。

ただ、「世界が海に沈む」と言う発言からも、さまざまなことが考察できます。

ベガパンクは世界政府を告発するつもりはない

ベガパンクは自分を殺した相手を非難しない
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

五老星の反応はベガパンクが世界政府を告発しない伏線?

ワンピース1113話の五老星の反応は、ベガパンクが世界政府を告発するつもりがない伏線かもしれません。
五老星はメッセージの発信源を見つけられたことに焦り、空白の100年の歴史を明らかにされると狼狽していました。

また、「クローバーの二の舞にはならないということか」「オハラの無念を晴らそうと言うのか」と、ベガパンクが自分たちを糾弾するつもりだと考えているようです。

五老星は自分たちしてきたことの後ろめたさから、ベガパンクの行動に悪意があると決めつけているように見えます。
しかし、ベガパンクの意図が全く別の所にあると、五老星の行動はかなり滑稽になるでしょう。

五老星は独り相撲で、醜態をさらすことになるかもしれません。

自分を殺すものが悪かどうかわからないと発言

ベガパンクは、自分を殺すものが悪かどうかわからないと断言しています。
ベガパンクは自分は罪を犯したから処刑されると言った上で、「私を裁くものを悪と説きたいわけではない」と言いました。

罪を犯したベガパンクを処刑できるのは、普通に考えたら世界政府です。
また、「善悪を論じられるほど彼についてわかっていない」とも言っています。

ベガパンクは暗に自分を殺すのは世界政府だと言っており、彼とはイム様の可能性が高いでしょう。
ベガパンクは、世界政府を悪だと断言できないと言っていることになります。

ベガパンクは純粋に自分の発見を伝えたいだけ

ベガパンクは世界政府や五老星に敵意があるわけではなく、純粋に自分の発見を伝えたいだけと考えられます。
ベガパンクは「善悪を論じない」、「自分を裁くものを悪と説きたいわけではない」と前置きしてから、「世界が海に沈む」と発言

わざわざ善悪は関係ないと強調している点からも、ベガパンクは自分の発見を世界に発表したいだけなのでしょう。
今までもベガパンクは幼いクローン人間を兵器に改造するなど、好奇心や研究のために善悪や倫理観を無視していました。

自分の研究を発表したいだけというのは、好奇心を最優先するベガパンクらしいです。
もちろん、事前に世界が沈む情報を知らせることで、対策を立てて欲しいという意図はあるでしょうが。

おすすめの記事