ベルディアが姫騎士ダクネスを人質にした残念な結末は?

ダクネスに『1週間後に死ぬ』という呪いをかけて1週間後、ベルディアの廃城には、呪いを解きに誰も来ません。
それだけでなく、以前と変わらずベルディアの廃城には、爆裂魔法が毎日打ち込まれています。
アクアの浄化魔法によりダクネスが呪いから解放され、主人公カズマ達は、ベルディアの廃城に行く必要はなくなりました。

それを知らないベルディアは、「なぜ城に来ないのだ。この人でなしどもがあぁぁっ!」と、再びアクセルの街にやってきます。
ダクネスの呪いが解かれたことを知らないベルディアは、照れくさそうに出てくるダクネスの姿に驚きを隠せません。

結局、カズマのスティールで頭を取られ、ベルディアの頭はサッカーボールにされ、アクセルの街の勇者達に蹴り回されます。
最終的にアクアの洪水の様な水によって浄化されて滅ぶベルディアですが、冷静に考えて、ベルディアは何も悪いことをしていません。
ただ、アクセルの街の近くに引っ越してきただけなのに、ドMダクネスに変態呼ばわりされ、浄化されてしまうベルディアあわれな最後です。

【このすば】ベルディアの魅力は?

 

このすばのキャラクターは、それぞれ個性的な魅力があり、このすばの面白さを引き立てています。
もちろん、ベルディアも例外ではありません。
こちらでは紳士的で真面目、リアクションも良いけど、爽やかなセクハラを得意とするベルディアの魅力をお伝えしていきます!
また、『ベルディアは魔王の幹部』の所でも少し触れましたが、ベルディアはウィズと知り合いです。
果たしてどのような間柄だったのでしょうか。
そちらについても、以下で詳しくお伝えしていきます。

魅力①ベルディアは魔王幹部なのにリアクションがいい

ダクネスに呪いをかけ、1週間経ってもベルディアの元には誰も来ないし、相変わらず爆裂魔法が毎日かまされます。
なぜ誰も来ないのかとベルディアは、再びアクセルの街にやってきます。
そこで、呪いにかかっているはずのダクネスが元気な姿でいるのを見た、ベルディアのリアクションがこちら。
「んあ?……ぁあ?…ぅぇえええっ?!ははぁっ!!」

また、攻撃をしかけたベルディアに対し、アクアはターンアンデッドというアンデッドに効果的な攻撃を2回放ちます。
その度に「ぐぁあぁぁぁ!」や「ぎえぇぇぇ!!」とベルディアはかなり苦しみますが、耐え抜きます。

さすが魔王幹部、忍耐強さだけでなく、ナイスリアクションですね。

魅力②ベルディアは強くて優しいのに爽やかな変態

まっとうな騎士として生前を過ごしていたベルディアですので、思考も行動も紳士的です。
また、弱者には危害を加えないとする優しさも持ち合わせています。

ですが、同じく魔王幹部のウィズとは以前から知り合いとのことですが、ウィズにセクハラ行為をしていたようです。
ベルディアは、自身の首が手持ちであることを利用し、ボーリングの様に頭を転がして、ウィズの足元にスカートの中を覗いていたそう。
しかもとても爽やかに、「アハハハハ!」と笑いながら、ベルディアは自身の頭をウィズのスカートの下めがけて投げていました。
優しく、紳士的ではありますが、残念ながらただの変態ですね。

【このすば】ベルディアの名言・名セリフは?

このすば ベルディア

出典:Amazon.co.jp

 

アニメこのすばの第6話にしかほぼ登場しないベルディアですが、名言や名セリフに溢れています。
首のない騎士の魔王幹部として怖い見た目のベルディア。
ですが、名言や名セリフから、隠れた優しさやおちゃめさを感じることができます。
また、ベルディアの声優は、安元洋貴さんが担当しています。
ワイルドで男らしく、紳士的な雰囲気のあるかっこいい声にも注目です。

名言①なぜ城に来ないのだ。この人でなしどもがあっ!

ベルディアがダクネスに1週間後には死ぬという呪いをかけ、待ち続けたが、誰もベルディアの元に立ち向かってきません。
そこで、しびれを切らしたベルディアが言ったセリフがこちらです。

さらに、この名言の後には以下のセリフが続きます。
「貴様らには仲間の死に報いようという気概はなかったのか!仲間をかばって呪いを受けたあのクルセイダー…騎士の鑑のようなあの者の死を無駄にするなど…」
M全開のセリフを吐きながらも、勇敢なダクネスの姿に心を打たれたベルディアは、ダクネスに敬意を示しています。

戦いの中で生まれたダクネスとの友情を感じられる、ベルディアの名言です。

おすすめの記事