名言②ねぇなんでこんな陰湿な嫌がらせするのぉ?

そこがベルディアの住む廃城とは知らずに、めぐみんは爆裂魔法の練習として、廃城に毎日爆裂魔法を打ち込んでいました。
一方ベルディアは、毎日の様に打ち込まれる爆裂魔法を『弱き者の戯言』と耐えていましたが、我慢の限界だったのでしょう。
爆裂魔法が飛んでくるアクセルの街に『ねぇなんでこんな陰湿な嫌がらせするのぉ?』と訴えに来ます。

恐ろしく感じるベルディアの見た目とは裏腹に、ちょっとかわいらしい言い方がポイントです。

名言③ めぐみんってなんだ、馬鹿にしてんのか

これは、めぐみんのいつもの中二病全開の自己紹介を聞いた後のベルディアの名言です。

めぐみん「我が名はめぐみん。アークウィザードにして爆裂魔法を操るもの!」
ベルディア「…めぐみんってなんだ、馬鹿にしてんのか!」

上記の『ねぇなんでこんな陰湿な嫌がらせするのぉ?』の後に出てくるセリフですが、この時のベルディアのテンションにもご注目いただきたいです。
確かにベルディアが『馬鹿にしてんのか』と思う気持ちもわからなくはありません。
ですが、紅魔族は変わった名前ばかりで、『めぐみん』は本名だから、決して馬鹿にしていないのです。

【このすば】ベルディアのその後は?

このすば ベルディア

出典:Amazon.co.jp

 

アクアの攻撃を2回も受けながら、耐え抜いたベルディアですが、最終的に洪水級のアクアの水によって浄化され、お亡くなりになります。
アンデッドなので既に死んではいますが、浄化されて天に召されたたという意味で、お亡くなりになりました。
そんなベルディアですが、まだアニメこのすばには登場するのです!
このすばの中でベルディアにまた会えるというのは、ファンとしては嬉しいですよね。
以下では、ベルディアのその後についてご紹介していきます。

三途の川の向こうの住人になる

カズマのスティールと、アクアの浄化により、あわれな最後を迎えたベルディア。
サブキャラの割に人気がある彼は、死後も『三途の川の向こうの住人』として活躍しています。
同じく魔王幹部のウィズがアクアにより浄化され、度々死にそうになる場面があります。
そこでウィズが三途の川に差し掛かると、三途の川の向こうで、ベルディアが「こっち来いよ!」と爽やかに待ち受けています。
ベルディアの出演は一瞬ではありますが、ベルディアファンとしては嬉しい瞬間ですよね。

このすば3期には出る?

2020年1月から、このすば3期がはじまるとの噂がありましたが、残念ながらガセネタでしたね。
『ベルディア』を検索すると、『ベルディア 面白い』が出てくるほど、人気のあるベルディアさん。
死後は三途の川の向こうの住人として、このすばに登場していますが、ぜひまた面白い活躍を見せてほしいです。
このすば3期がはやくはじまることを祈りつつ、紳士的で真面目だから故にあわれな結果になってしまう、ベルディアさんの残念な姿を再び見せてほしいですね。

【このすば】ベルディアのまとめ

紳士で真面目だからこそ、ふざけたこのすばの世界では、残念であわれな感じになってしまうベルディア。
このすばのドM担当ダクネスとのやり取りも非常に面白くてつい声を出して笑ってしまいます。
ウィズへのセクハラをするベルディアは、変態ではありますが、ベルディアの男前で紳士的な声のおかげで、爽やかさが感じられます。
そして、ここまでこの記事を読んでくださったあなたは、もうベルディアファンになっていらっしゃることでしょう!(?)

ぜひこのすば3期に向けて、このすばとベルディアを見直してみてはいかがでしょうか。

【このすば】の関連記事はこちら

おすすめの記事