そしてデクの諦めない姿を見て、自ら手を掴みに行こうと動きだしました・・・。

ネタバレ②”デクの決意”

 

デクはエリの手を掴むために、治崎の攻撃を回避しながら前に突き進みます。デクは傷を負いながらも、自らを鼓舞しエリの手を掴みにいきます。以前は話してしまった手を、今度は絶対離さないという気持ちを持っていました。そして遂にデクはエリの救出に成功。

治崎が反撃をしますが、デクの圧倒的な力により攻撃を一瞬で交わされます。そしてデクは遂にエリと地上に!地下で治崎は怪我を負い、ヒーローたちは驚きました。しかし治崎はエリを奪い取りに行こうと、デクを追いかけ地上へ向かいます。

ナイトアイが未来を予知していた通りに進んでおり、デクは最終的に治崎に殺されてしまうことを再び予言。

一方でエリの巻き戻しという個性がまた発揮するのでした。エリと地上に出たデクは、自分の限界を出しているのにも関わらず、怪我などが何一つとしてありません。

しかしデクはその力を上手くコントロールすることができず、体がどんどん熱くなっていきました。治崎はエリの巻き戻しの個性は呪われていると言及。更にエリを分解しなければ、いずれ消滅してしまうという事実を言うのでした。治崎はエリを手渡せとデクに言い寄ります。

デクは背中にエリを縛り付け、”絶対にやだ”と決意を露にしました。


ネタバレ③デクの怒りの一撃!

 

デクはエリの個性を優しい個性であると言い返します。デクは”ワンフォーオール”の100%を使い、再び治崎と対戦することになりました。治崎はエリの価値、そして個性の意味を一番理解しているのは自分であるという事を宣言。それと同時にデクに攻撃を仕掛けていきます。

デクはそんな治崎の攻撃をかわし、攻撃を繰り出しました!すると治崎は吹っ飛び、過去の記憶が明らかになります。治崎は自分の親父に道をずれるなと言われるのでした。しかし理想を並べるだけでは、意味がないということを治崎は思います。

治崎は親父を恩人と言いますが、実際は自らの計画に邪魔をしてほしくありませんでした。攻撃を受けた治崎でしたが、再び自らを修復させ復活。デクは「エリを守れないで、誰がヒーローだ。」と自らの意思を主張します。そしてデクは治崎の攻撃をかわしながら怒りの一撃を浴びせました。

すると治崎は体ごと吹っ飛ばされてしまい、遂に戦いが幕を閉じることになります。そしてナイトアイは自らが予言した、変えようのない未来を覆すことが可能である瞬間を変えたことに驚愕。デクはその未来を自分で捻じ曲げればいいと心の意思を叫びました。

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第13話の感想


筆者感想

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第13話をチェックしてみて、デクの新たな力を見ることができたなと感じます。ナイトアイが予想していた、変えようのない未来を変えてしまうあたりは本当にかっこいいなと思いました。そしてエリの個性でもある巻き戻しは強力だなと思います。


おすすめの記事