アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」第5話のネタバレと感想を紹介!
出典:TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では、アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」第5話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに動画配信情報をご紹介します。

第4話では、氷室と雪村のデートの実験が行われました。
多少のトラブルは起きつつも、氷室が雪村に好意を寄せているであろうと言える実験結果を得ることができました。
しかし、そのデータを検討するためにも比較対象が必要であり、さらなるサンプルを採取して研究を進めようと二人は決意を新たにしました。

第5話ではその比較対象を得るための実験が行われます。
また、氷室たちの研究室の長である池田教授がついに登場します。

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」第5話のあらすじ

ある日、池田研究室にて定例のミーティングが行われます。
学生の研究の進捗を確認する池田教授は苦戦しつつも論文を読み進める奏を優しく導きます。
その一方、全く論文に目を通していなかった犬飼を厳しく指導しました。
続いて、氷室と雪村は先日のデート実験の結果を発表します。
それを聞いた池田教授は最初はあっけにとられつつも、その研究に興味を示しました。
池田教授に今後の展望について聞かれた雪村は、さらなるサンプルの採取、大規模対照実験を行うと答えます。
こうして、池田教授も含めた研究室の6人でサンプル数を増やすための実験が始まりました。

ですが、実験は思うようには進みませんでした。
雪村と犬飼の実験を面白がりつつ、今さらデータの測定方法についての問題点を指摘する棘田。
雪村と奏の実験を観察しつつも、それが面白くないのかつい邪魔をしてしまう氷室。
実験のはずがどちらが相手をドキドキさせるかの勝負をしてしまう棘田と犬飼。

進んでいるのかいないのか分からない実験の結果を見ながら棘田は何を思ったのか、氷室と雪村に指示を出します。
「あんたたちさあ、ちょっとキスしてみ?」

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の動画配信サービスは?

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」は、Amazonプライムビデオにて、視聴することができます!
さらに、テレビ放送に先駆けて全12話が先行配信されています!

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」第5話のネタバレ

ネタバレ① 登場、池田教授

池田教授
出典:CHARACTER | TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』公式サイト

 

氷室たちを指導する池田教授がついに登場しました。
『日差しが暖かくてついウトウトして』と言ってミーティングに遅れてくるような抜けている面もあります。
ですが、学生に時に優しく、時に厳しく接する優秀な指導教授です。
渡した論文を少しずつでも読み進めている奏には笑顔で応じ、全く目を通していない犬飼には筋肉で指導を行いました。
そして、氷室と雪村の実験には興味を示し、その実験を進めるために自ら実験に参加してくれます。
その実験を常識的ではないとしつつも、『常識を木っ端微塵にするのが研究者である』と言い、学生たちと一体になって研究を進めていきます。

自らの研究室を『知性と探求の泉』とする池田教授の登場によって研究と物語は力強く進んでいきそうです。

おすすめの記事