【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)が鬼になった理由や過去とは?善逸や黒死牟との関係も解説!
出典:『鬼滅の刃』(C)吾峠呼世晴/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

鬼滅の刃の敵といえば鬼ですが、そんな鬼たちの中に実は元鬼殺隊の者がいるということはご存知でしょうか?
そんな元鬼殺隊の鬼の一人に獪岳という鬼がいます。
なぜ獪岳は鬼となってしまったのでしょうか。

また、獪岳は善逸の過去の回想シーンにも登場しています。
善逸とはどのような関係だったのか気になるところですよね。

そこで今回は、獪岳が鬼となった理由、そして善逸との関係についても詳しく解説いたします。

「鬼滅の刃」アニメ4期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録
鬼滅の刃 アニメ4期「柱稽古編漫画15巻128話〜16巻136話まで収録
鬼滅の刃 アニメ5期「無限城編漫画16巻137話〜23巻205話最終回まで収録

表の通り、アニメ3期の続きを読みたい方は漫画15巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

楽天kobo
楽天kobo
楽天koboのおすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!
ebookJapan
ebookjapan
ebookJapanのおすすめポイント
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)とは?

まずは獪岳が一体どのような人物なのかみていきましょう。

獪岳のプロフィール

獪岳
出典:pixiv@百鬼。

 

人間時の名前:獪岳(かいがく)
身長・体重:167センチ・64キロ
趣味:博打
死地:無限城内
討伐者:我妻善逸

獪岳の声優は細谷佳正さん

アニメの獪岳の登場シーンは非常に少ないものの、短いセリフの中からも獪岳の複雑な感情が読み取れる素晴らしい演技をしてくださったのが、声優の細谷佳正さんです。

細谷さんの代表作には以下のものがあります。

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(オルガ・イツカ)
  • ちはやふる(綿谷新)
  • 黒子のバスケ(日向順平)
  • テニスの王子様(白石蔵ノ介)
  • 進撃の巨人(ライナー・ブラウン)
  • テラフォーマーズ(膝丸燈)

細谷さんは多彩な表現力で、幅広いキャラクターを演じられているのがわかりますね!

十二鬼月の上弦の陸

十二鬼月とは鬼舞辻無惨に選ばれた鬼の精鋭集団です。
十二鬼月になることで、鬼舞辻無惨から多くの血を分け与えられ絶大な力を持っています。

十二鬼月は上弦6体、下弦6体から成り立っており、下弦の陸から昇順に強くなり、上弦の壱が一番強い鬼です。

「堕姫・妓夫太郎」の死後、上弦の陸に選ばれたのが獪岳です。
つまり、獪岳は多くの鬼たちの中でも6番目に強い鬼、ということになります。

雷の呼吸の壱ノ型のみ使えない

獪岳は鬼となる前は、雷の呼吸の使い手として鬼殺隊に所属していました。

雷の呼吸には6つの型があったのですが、獪岳は壱ノ型のみ習得することができなかったのです。

【鬼滅の刃】獪岳の性格

そんな獪岳はどのような正確だったのでしょうか?

ひたむきで努力家

獪岳
出典:pixiv@ygks

 

獪岳はひたむきに努力を重ね技術を身につけてきました。
その姿は、ともに修行を積んでいた弟弟子も認め、尊敬するほどです。

プライドが高く承認欲求が強い

努力をして実力を身につけた獪岳は、そんな自分を認めて欲しいという思いが人一倍強い人物でした。
高すぎる承認欲求と強すぎる承認欲求は、次第に「自分を正しく評価しない人間に価値はない」と歪んだ思考へと繋がって行ったのです。

【鬼滅の刃】獪岳の過去

どのような過去が獪岳を作り上げてきたのか、獪岳の過去を見ていきましょう。

悲鳴嶼行冥たちとお寺に暮らしていた

悲鳴嶼行冥・獪岳
出典:『鬼滅の刃』(C)吾峠呼世晴/集英社

 

後に岩柱となった悲鳴嶼行冥は、かつて身寄りのない子供たちとお寺で生活をしていました。
家がなく、泥を啜るような貧しい生活をしていた獪岳は、実はこの悲鳴嶼行冥の元で暮らしていたのです。

悲鳴嶼行冥と子供たちは貧しいながらも慎ましく日々を送っていました。

おすすめの記事