「七つの大罪 神々の逆燐」公式サイト ポスター写真
出典:「七つの大罪 神々の逆燐」公式サイト

本記事では、1月15日に放送されたアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第14話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに動画配信情報をご紹介します。

前回第13話では、最終的に魔神王がゼルドリスに対して、メリオダスを捕まえるように命令をしたという内容で終わりました。今回の第14話では、その命令を受けたゼルドリスが十戒のメリオダスを捕獲するために、様々な行動に出ることになります。果たして、七つに大罪メンバーの運命は!?

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第14話のあらすじ

 

命令されたゼルドリスは、周りにいる十戒メンバーにテレパシーで声を届けました。しかし、十戒メンバー誰一人として反応をしない時間が続いてしまいます。すると、ドロールとグロキシニアが応答。しかし、それは協力をするわけではなく十戒を抜けるということを二人は言います。

そしてドロールとグロキシニアは紋章や目の色が変わり、十戒としてではなく妖精族と巨人族のリーダーとして活躍することになりました。ゼルドリスは十戒メンバーが集まらずに、自分一人で戦おうとしたその時。そこには”おしゃぶりの鬼”とも呼ばれるチャンドラーと、”うたたねの死神”と言われるキューザックが登場。

そんな二人は、ゼルドリスの計画を協力することを誓います。キューザックはゼルドリスの師匠で、チャンドラーはメリオダスの師匠という関係でした。七つの大罪メンバーは、そんなことが起こっている状況を知らないまま進んでいたのです・・・

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」の動画配信サービスは?

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」は、下記の動画配信サービスにて、視聴することができます。

サービス名配信状況
U-NEXT
hulu
FODプレミアム
Amazonプライムビデオ
dアニメストア
dTV
NETFLIX

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第14話のネタバレ

ネタバレ①グリエリとモンスピートの今

 

ゼルドリスは十戒メンバーに呼び掛けていた中で、フラウドリンやメラスキュラ等は七つの大罪にやられてしまっていました。そんな中で、モンスピートとグリエリはある森の中で密かに暮らしていたのです。このような暮らしも悪くないとモンスピートは満足感を抱いていたのでした。

一方でデリエリもそんなモンスピートには同情しませんでした。そしてデリエリはメリオダスについてモンスピートに問います。メリオダスはデリエリ達と対戦した際に、窮地に追い詰めますが殺しませんでした。デリエリはなぜ殺さなかったのかということを疑問に思っていたのです。


おすすめの記事