【文スト】江戸川乱歩のプロフから異能力を徹底解説!本当に無能力なのか?
出典:pixiv@ゆたんぽ

江戸川乱歩は、探偵社の重鎮にして名探偵。解決した事件は数知れず。彼の異能「超推理」を使えば、いかなる犯人も逃れる術はなし。

しかし、乱歩の異能「超推理」には、意外な秘密が隠されていたのです。

今回は、そんな乱歩のキャラクターと異能の正体について考察しましょう。

【文豪ストレイドッグス】江戸川乱歩とは?


江戸川乱歩のプロフィール

 

 

  • 年齢:26歳
  • 誕生日:10月21日
  • 身長:168cm
  • 体重:58㎏
  • 血液型:O型(実際の江戸川乱歩と同じ)
  • 好きなもの:合理的思考、幻想怪奇
  • 嫌いなもの:常識、無駄な知識

糸目に無邪気な笑みを浮かべた若者で、十代半ばくらいに見えますが、年齢は26歳です。

初登場時は無邪気というより、鷹揚な雰囲気の青年でした。

乱歩の衣装は、茶色の鳥打帽に、マント、膝くらいの長さのハーフパンツという恰好で、江戸川乱歩の作品に登場する探偵の明智小五郎というよりは、シャーロック・ホームズの方に近い衣装を着ています。

嫌いなものに無駄な知識を挙げているのも、シャーロック・ホームズと共通しています。


江戸川乱歩の性格

 

 

乱歩といえば、自らを名探偵と自認するほど傲岸不遜な性格をしていますが、子供っぽくて無邪気な性格をしているため、どこか憎めません。

天才肌の探偵らしく、好奇心旺盛で、興味のある事件にはすぐ首を突っ込みたがりますが、興味がなくなると見向きもしません。

礼儀知らずで、ぶしつけなふるまいが目立ちますが、事件現場にある死体に対し、弔いをするなど、まったくの無神経というわけではありません。

探偵という肩書に合わず、地道な捜査や調査を嫌っており、本や新聞を読むこともないようです(四コマ漫画だけは読んでいる)。

また、一般常識も欠けているため、電車の乗り方すらわかっていません。

傍若無人な乱歩ですが、社長の福沢諭吉にだけはまったく頭があがらず、彼に叱られることを恐れており、また同時に、社長から褒められることを望んでいます。

好きな食べ物は駄菓子?なぜ甘いものばかり食べているのか?

乱歩といえば、とにかく甘いものが大好きで、常に駄菓子を食べています。
よっぽど食べるのか、事務所には彼のために駄菓子を買い置きして置いてある程です。

少年時代に福沢諭吉と出会ったときに善哉を奢ってもらったことがありますが、その際、善哉の餡だけを食べて、福沢を絶句させていたことがあります(「福沢諭吉との出会い」の項を参照)。

ただ、なぜか、乱歩のプロフィール欄の好きなものの項目に、駄菓子や甘いものとは書かれてはいません。

これは、あくまでも仮説ですが、乱歩が甘いものを食べているのは、脳に糖分を補給するためではないかと思われます。

脳は、人体の中でも、カロリーの消費がもっとも高い部位であり、乱歩のように頭を使う人は、糖分を補給したがる傾向があるようです。

乱歩は、駄菓子が好きというだけでなく、頭を使う能力なので、常日頃、糖分を欲しているのではないかと思います。

【文豪ストレイドッグス】江戸川乱歩の名言


「僕がよければすべてよし」

 

 

第2巻で登場した名言です。

警察から殺人事件解決の依頼を受けた乱歩は、中島敦を伴って(乱歩は電車の乗り方が分からないので、誰か一緒に乗ってもらう必要がある)現場に急行しました。

しかし、現場にいた刑事の箕浦はあまり乱歩を歓迎してはいません。

乱歩の能力を信じておらず、事件は地道な調査によって解決するものと思っているからです。

しかし、乱歩は自分の異能を使えば、真相なんかすぐにわかるので、調査なんかしないと言って、箕浦を怒らせてしまいます。

たまたまその場にいた(川に流されていた)、太宰治の仲裁もあって、その場は収まりましたが、その時、乱歩は、自分の座右の銘は「僕がよければすべてよし」だから!と、堂々と言ってのけます。

乱歩らしい、無邪気さと痛快さ、そして自己中心性が表れた座右の銘です。

ちなみに、その場にいた中島敦の座右の銘は「生きているならいいじゃない」で、太宰治の座右の銘は「清く明るく元気な自殺」です。

「僕の能力が必要になったらいつでもご用命を、次からは割引価格で良いよ」

 

 

同じく第2巻に登場。

結果的に事件を解決した乱歩に、箕浦は彼の能力を疑ったことを素直に詫びると、乱歩はまるで気にしていないかのように「僕の能力が必要になったらいつでもご用命を、次からは割引価格で良いよ」と言いました。

自分の異能のせいで、幼少時期から他人から疎まれてきた乱歩にとって、箕浦の反応はめずらしくなく、むしろ、素直に詫びた箕浦は、乱歩からすればまともな人間だったのか、おおらかに受け取りました。

不遜ではあるけれども、おおらか、それが乱歩の人柄なのです。


「名探偵に不可能はない」

第12巻に登場した名言です。


おすすめの記事