【呪術廻戦】九十九由基(つくもゆき)とは?強さ・術式から現在の状況、黒幕説について考察
出典:呪術廻戦【公式】Twitter

呪術廻戦に登場する九十九由基は、日本に4人しかいない特級呪術師の一人です。

しかし、術式や過去など明らかになっていない部分が多く、黒幕説がささやかれることも。

そこで今回は考察を交えつつ九十九由基を紹介したいと思います。

【呪術廻戦】九十九由基(つくもゆき)とは?

九十九由基の身長や年齢は?

名前九十九由基(つくもゆき)
誕生日不明
年齢不明(30歳前後?)
身長推定185㎝以上
体重不明
等級特級呪術師
趣味・特技バイク
好きな食べ物チキンブリト―
嫌いな食べ物海藻類
ストレス任務
CV日高のり子

呪術廻戦に登場する九十九由基は、日本に4人しかいない特級呪術師の一人です。

本来、呪術師は等級に応じた任務に派遣され、報酬を受け取りますが、九十九由基は依頼を受けずに海外を飛び回り、呪術高専とは別行動をとっています。

本人は自分の目的のために海外を飛び回っていると説明していますが、実は高専が苦手で任務を受けたくないそう。

とてもフランクな性格で、初対面の夏油傑に好きな女性を尋ねたり、シリアスな戦闘シーンで投げキッスをしたり、明るく、飄々としています。

九十九由基の声優は日髙のり子

九十九由基の声優を務めるのはレジェンド声優の一人、日高のり子さんです!

日高さんは『タッチ』の浅倉南や『となりのトトロ』の草壁さつき、『るろうに剣心』の瀬田宗次郎など、年代や性別を問わず様々なキャラクターを演じられています。

大人の声をやっていても「声が若い」と言われていた日高さんですが、出産を機に声が変化。

それまで『タッチ』の浅倉南のような可愛らしい女の子役が多かったのですが、『犬夜叉』の桔梗のようなクールビューティーな役もこなすようになりました。

九十九由基は身長が高く、他のキャラクターよりも聡明かつ茶目っ気のあるキャラ。

日高のり子さんの声はそんな九十九由基にぴったりと言えますね!

初登場は単行本6巻50話

九十九由基が初めて登場したのは、単行本6巻50話『予感』です。

小学3年生の東堂葵が高校生をボコり休憩していると、対岸にいる女性から声をかけられました。

この女性こそが九十九由基です。

初登場ではワンシーンのみの登場にも関わらず圧倒的なインパクトを残しましたが、それ以降は登場せず、名前すら分からない状態が続きました。

単行本8巻76話『玉折』で再び登場し、名前と目的が判明。

しかし、その後も長い間登場せず、目的や呪術高専と距離をとっていることから、九十九由基が黒幕ではないかと噂されることも。

単行本16巻135話『渋谷事変52』で再び登場し、窮地に陥った虎杖悠仁一行を助け、黒幕ではないことを証明しました。

【呪術廻戦】九十九由基の強さは?能力や術式を解説

術式は仮想の質量を付与する星の怒り(ボンバイエ)

九十九由基の術式は、自分の肉体に仮想の質量を付与する星の怒りです。
質量を付与されたパンチは、ガードした羂索の腕が千切れ、天元の結界を突き破るほどの威力があります。

術式の概念を無効化するほどの質力を生み出すことが可能であり、無下限呪術の防御すら突破する可能性のある術式です。

仮想の質量は基本的に術者の肉体に影響しないため、質量が増しても九十九由基のスピードは遅くなりません。

ただ、一定の質量を超えると術者の肉体にも影響を与えることになり、九十九由基自身がブラックホールになってしまいます。

国家転覆どころから地球を破壊する可能性があり、純粋な火力なら作中で最強の術式でしょう。
また、羂索との戦いでは反転術式も使用していました。

式神凰輪(ガルダ)を使役する

 

九十九由基は、自分の術式で生み出した式神の凰輪を従えています。
九十九由基本人以外で星の怒りの効果が適用される唯一の存在で、制限なく質量を増加可能です。

そのため、凰輪の破壊力もすさまじいものがあります。
さまざまな形状に変形可能で、九十九由基は凰輪を武器として使用することも多いです。

球形にした凰輪をサッカーボールのように蹴り飛ばして、呪霊を粉砕するシーンも
独自に動いて九十九由基を助けることもあり、羂索に巻き付いて動きを封じたこともありました。

東堂葵と初めて出会った時も、九十九由基に寄り添うように姿を見せています。

領域展開は出来るが詳細は不明

九十九由基は領域展開を使用可能ですが、どんな領域展開なのか不明です。
羂索との戦いで、九十九由基は領域を展開する予定でした。

しかし、天元が簡易領域で羂索の領域展開に対抗するように提案したため、九十九由基は自分の領域展開を使用していません

元々は羂索の領域展開に自分の領域展開で対抗するつもりだったため、九十九由基の領域展開もかなりの自信を持っていた可能性が高いです。

羂索との戦いでは、簡易領域を披露しています。
簡易領域を使用すると通常は移動できないと思われますが、九十九由基は簡易領域を使用したまま移動していました。

実は体術が得意?

九十九由基は、体術もかなり強いです。
元々、体術が得意な藤堂葵の師匠のため、九十九由基も体術が強いと予想されていました。

ガルダを武器のように使用する場合もありますが、九十九由基の基本的な戦闘スタイルは既による近接戦闘です。

星の怒りで威力を大幅に上げていますが、攻撃が敵に当たらなければ意味はありません。
九十九由基は呪力無しの格闘なら最強格とされる羂索と渡り合っており、単純な体術も相当なレベルです。

おすすめの記事